TOP > おすすめニュース > 「性別適合手術」がよくわかる!体は男性、心は女性、...

リアリティあふれる「性別適合手術」の全容

漫画『さよならちんちんウェルカムまんまん』は、原作者でもある上川依子さんが「性別適合手術」を受け、男性の体から女性になるまでの物語です。

 

主人公・通称よりぴちゃん(30)は、体は男性、心は女性、性的指向は女の子が好き(つまりレズビアン)の人生を送っていました。

 

会社でも、人事以外の人には男性であることは伏せて女性として働いていた彼女ですが、ある日勤めていた会社が解体されることを知らされます。

それを機に、よりぴちゃんはかねてより念願だった完全なる女の子の体になることを決意します。

 

普通であれば暗い話題でも、明るくコミカルに描かれる本作。

 

彼女自身は、中学時代に「性別違和」を感じ、髪を伸ばしたり女子の制服を着たりしていました。

その行為が学校や親にバレてしまい、無理やり髪をバッサリと切られた過去もあるようです。

 

©鈴木倫・上川依子/実業之日本社

 

それでも彼女自身のポジティブさや持ち前のおもしろさが、「性別適合手術」に対する読者の興味関心をあおり、どんどんページを読み進めてしまいます!

 

1巻読み切り、とにかくわかりやすい!

実話が描かれたコミックエッセイなだけあって、本作では「性別適合手術」に関する様々な知識を学べます。

たとえば、術式の種類や、外国(タイ)or日本のどちらで手術を行うかのメリット・デメリットなど。

 

©鈴木倫・上川依子/実業之日本社

 

他にも、手術前後や退院後の手続きの話まで事細かに描かれており、想像するだけで思わず局部を押さえてしまいそうな場面も出てきます。

 

一番衝撃的なシーンは、手術後の看護師さんのこの言葉。

 

©鈴木倫・上川依子/実業之日本社


「一体どういうこと!?」と気になった方は、ぜひ本作を読んでみてください!
1巻読み切りなのでとても手に取りやすいです!

 

 

 

関連記事

>>性別適合手術のルポマンガ『僕が私になるために』

>>全人類の必読書!『性転換から知る保健体育~元男が男女の違いについて語る件~』

>>「生まれながらの女性」は「性転換した女性」よりも感度が劣る!?『生まれる性別をまちがえた!』

 

マンガ新聞編集部

公式SNS

@mangahonz/@manga_shinbun

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る