TOP > マンガ新聞レビュー部 > 巨悪も小悪も見逃さないし『野宮警部補は許さない』

【監察官】

 

という言葉をご存知でしょうか?

この監察官という役職者は様々な官庁に設置されている部署で、ものすごーーくざっくりいうと不正を監視する役職です。

一般的なのは警察に設置されている監察ですかね?

 

監察官が何をするかというと、“警察官の不祥事や服務規程違反の捜査など”で“警察内の警察”と呼ばれている部署です。

 

私たちは普段ほとんど聞くことのない職種で、マンガや物語の中でもあまり扱われていません。

まさに知る人ぞ知るといった職業です。

ちなみに僕がこの『監察官』という職業をはじめて知ったのは『カバチタレ』でした。

 

本日ご紹介する作品は、そんな未知の職業でもある監察官…をサポートする警視庁の中の「特別対応室」と呼ばれる部署の人たちの活躍を描いた漫画『野宮警部補は許さない』です。

 

野宮警部補は許さない 1巻
著者:宵田佳
出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ
販売日:2018-03-20

 

主人公である野宮は「特別対応室」に勤務する青年。

監察室で対応しきれていない細かい非違事案(小さな犯罪)と呼ばれる、警察内部の事件を担当しています。

階級はタイトル通り警部補、イケメンです。

 

物語はヒロインである橋本檸美(はしもとれみ)巡査がこの「特別対応室」に赴任してくるところから始まります。

 

「特別対応室」に舞い込んでくる仕事はセクハラや横領、イジメなどといった普通の会社でも聞くような、いわゆる不祥事がほとんどです。

警察と言っても一人の人間ですし、魔が差すこともありますから悪い事はしてしまうもの。

 

そんなともすれば一大スキャンダルにもなりかねないような事件を、野宮警部補は華麗に解決していきます。

とはいえこの野宮警部補、相手を追い詰めるためにはどんな手段をも選ばすに駆使する、鬼畜系

 

相手が上官であろうと、同期生だろうと女性だろうと、一切容赦ありません。

セクハラ、パワハラ、モラハラというハラスメントに加え、世間からの風当たりも厳しい警察という職業ですが、野宮警部補にかかればどんな小さな悪事も見逃さず解決に導いていきます。

 

どんな手段を使っているかは、ぜひ作品を読んでご覧になってください。なかなか見どころあります。

 

 

発売されたばかりの第2巻では、これまでとは少し趣が違い、大きな悪事の影が見え隠れしてきており、さらに野宮警部補の過去も明らかになってきたりとこれからが楽しみな作品です。

 

実際の現実の警察にこの「特別対応室」のような部署があるかどうかはイマイチ不明ですが、警察も日々闘っているということをみなさんに知ってもらえればと思いますし、

なによりヒロインの檸美ちゃんが、ここ最近のマンガキャラの中では別格レベルで

 

可愛い

ので、それだけでも見る価値はある作品です。

 

ぜひね、その可愛さもごらんになっていただければと思います。

 

野宮警部補は許さない 1巻
著者:宵田佳
出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ
販売日:2018-03-20

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る