TOP > マンガ新聞レビュー部 > 「50年後の仕事図鑑」には記載されているかも!?最...

ロボットと聞くと、みなさんはどんな想像をされますか?

最近よくテレビやネットで”AI(人工知能)” ”ドローン”といった言葉を、目や耳にします。

 

今の時代、簡単な仕事や危険がともなう仕事を、人に代わってロボットがやってくれるそうです。

それだけでも驚きますが、最新のロボットはもっと進化しているんだとか!

 

どれくらい進化しているかと言うと、なんと身体の不自由な人が遠く離れたロボットを操って仕事をできる社会の実現が検討されているほど!

そんなすごい未来がすぐ側まで来ているんですね!

 

前置きが長くなりましたが、今回はロボットが驚くべき進化をとげて活躍する漫画『AUTO MATON』をご紹介したいと思います。

 

漫画『AUTO MATON』あらすじ

舞台はそう遠くない未来の日本。

ロボットが徐々に人間の職を奪っていくなかで、幼い頃に両親を失った由河明(ゆかわあきら)は学校へと行くかたわら、バイトに明け暮れる日々を過ごしていた。

 

そんな明の夢は、大学でロボティクスの研究をすること。

しかし、日々の生活を送ることすらままならない明にとって、その夢は現実的ではなかった。

 

自らの夢を諦めかけていた明だったが、ある一人の男との出会いをきっかけに、彼の人生は大きく変わる。

明が出会った男とは、世界を代表するロボティクス企業・ロック社のCEOであるトマ・ロックだった。

彼に才能を認められた明は、最新鋭の戦闘兵器・オートマトンのパイロットとなることに。

 

「人類にはもう一刻の猶予もないのだ」

 

加速度的に進化するテクノロジーによって、かつてない暴力に侵されている今の世界。

そんな世界に人類唯一の希望・オートマトンが誕生。

最新鋭の戦闘機体・オートマトンの実力をとくとご覧あれ!!

 

『AUTO MATON』の見どころ

第1巻では、明がオートマトンのパイロットになる経緯や、秘められたオートマトンの力の一部が描かれています。

パイロットになることを決意した明は、オートマトンを完璧に使いこなすべく、トマ・ロックがくだした様々なミッションをこなすことに。

 

そのミッションをこなしていく過程で、海中から謎の敵・シヴァが現れて…!?

 

男が大好きな戦闘×ロボットの要素を兼ね備えている『AUTO MATON』は、あの世界的に大人気、マーベルコミックスの『Iron Man』を連想させます。

 

さらに、作者のあとがきでは『AUTO MATON』の細かい設定やネームまで公開されています!

気になった方はぜひ、お手に取ってみてください!!

 

AUTOMATON(1) (モーニング KC)
著者:倉薗 紀彦
出版社:講談社
販売日:2018-05-23
AUTOMATON(2) (モーニング KC)
著者:倉薗 紀彦
出版社:講談社
販売日:2018-09-21

 

以上、マンガ新聞編集部イチオシ作品をご紹介しました。
ぜひご友人にもシェアしてオススメしてください!
 
マンガ新聞編集部
公式SNS

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る