TOP > マンガ新聞レビュー部 > 今週の第1位は『低反発リビドー』性癖は人それぞれ。...

マンガ新聞レビュー部が、今日は2018/10/1-2018/10/7の週間PVランキング(レビュー記事)を発表いたします!
 

1位 他人の性癖、覗いてみませんか?『低反発リビドー』

低反発リビドー
著者:高野雀
出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ
販売日:2015-12-04
【レビュー冒頭】

「僕は(わたしは)変態なのか?」

 

人間ならば、人生で一度はこのことについて考えるはずだ。他人と違うことに悩み、傷ついてしまう人もいるだろう。

結論から言うと、人はみんな変態なのだ。だからこそ、もし自分の変態性に悩む人がいたらこの『低反発リビドー』をお薦めしたい。

 

渋谷のマンガサロン『トリガー』店員の兎来さんが、「ころくさんにぜひ読んでもらいたい」と僕を見るなりお薦めしてくれた作品だ。

 

この作品は、デビュー作『さよならガールフレンド』でも注目を集めた期待の漫画家・高野雀先生の短編マンガで、アパート「コルダーハイツ」の住人たちの性癖を覗き見する、というものだ。

各話のタイトルが「◯◯◯号室」となっており、その部屋で行われる恋人や友人との何気ないやりとりからにじみ出る登場人物の性癖を軽妙に描いている。

 

2位 童貞エネルギー10秒チャージ。ニヤニヤが止まらない「童貞・ミーツ・処女」『謎の彼女X』

謎の彼女X(1) (アフタヌーンコミックス)
著者:植芝理一
出版社:講談社
販売日:2012-09-28
【レビュー冒頭】

初めての彼女ができた童貞ほど微笑ましい存在もありません。

下の名前で呼びあうことに憧れちゃったり、手をつなごうと策を弄しちゃったり、女友達と雑談するだけで罪悪感を覚えちゃったり。 

 

いずれ日常になる様々も、最初は全部が初体験。初めてはいつもドキドキです。
それは男の子なら誰もが一度は通ってきた道なのではないでしょうか。

 

『謎の彼女X』は、今やそんなことをすっかり忘れて、デートと聞けば「東京カレンダー」で広尾の隠れ家レストランを検索すればいいと思っている男性諸君に、童貞エネルギーをリチャージしてくれる青春プレイバックなマンガです。

 

優れたフィクションが思い出させてくれる、童貞だったあの頃。

優れたフィクションとは、大きなウソを一つだけついて、残りのディティールに徹底的にこだわっているものです。

 

たとえば映画『シン・ゴジラ』にはゴジラという“大きなウソ”がありますが、登場人物の言動や舞台はリアリティを徹底的に追求しています。

だからこそ僕らはスクリーンの中のゴジラがいる世界を他人事だと思えず、熱狂してしまうのです。

“現実 対 虚構”というキャッチコピーは、それを端的に表現していて素敵です) 

 

3位 もし童貞が女子校に赴任したら・・・。『CHERRY TEACHER 佐倉直生』男性教諭のみなさん、女子生徒に恋したことはありますか?

CHERRY TEACHER 佐倉直生 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:立花和三
出版社:集英社
販売日:2015-04-03

【レビュー冒頭】

禁断の恋の真相は?

 

そういえば学校って、「あの先生の奥さんは教え子だったらしい」って噂、結構ありましたよね。

よくよく考えると、ああいうケースって一体いつ恋愛が始まるのでしょうか?卒業式が終わった後?もしかして在学中に・・・?教え子との恋愛について、先生方はどう考えているのだろう・・・?

 

気になったので、元女子校教諭のA先生(28歳男性)にインタビューしてみました。

 

先生、呑み会で「あの生徒かわいい」みたいなトークしないんですか?

 

「しませんよ。あたりまえじゃないですか。生徒との恋愛は絶対NGです。でもこちらがそう思っていても、バレンタインチョコとか、あの子たち友だち感覚でガンガンくれるんですよ。それがいつ特別な感情に発展するかわかりません。

だから生徒と距離を近づけすぎないように注意を払うのが教員です。たとえば生徒の下ネタには絶対に乗らない。もちろん、こちらから振りません。乗ったら負けです。絶対乗らないからな、という。それがプロ意識です。

ただ職員室には、「若いころ俺は生徒と付き合っていた」と武勇伝を自慢してくるしょうもない先輩はいましたね。それから「こいつ怪しいな」という先生と同僚になったこともあります。

そういえば新卒なのにやたら老けて見える、研究室に引きこもって生きてきた先生もいましたね。彼はきっと童貞だったんじゃないでしょうか・・・。」

 

 

以上が2018/10/1-2018/10/7の週間PVランキングになります!

 

気になる作品はありましたか?

どれもこれもオススメのマンガばかりです。ぜひ読んでみてください!

 

マンガ新聞レビュー部

公式Twitter(@mangahonz

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る