TOP > おすすめニュース > 【ネットマンガラボ】2018年9月「紙とWebの二...

2018年9月20日(木)、マンガ新聞運営サロン「ネットマンガラボ」イベント『「紙とWebの二刀流!新世代マンガ家」山科ティナ×堀江貴文対談』が開催されました。

イベント前半はホリエモンチャンネルとコラボし、寺田有希さんの司会で進行しました。

 


東京藝術大学の現役学生である山科ティナさんは、今最も注目されるマンガ家のひとりです。

『#アルファベット乳』『プレゼント・ハラスメント!』『#140字のロマンス』など、キャリアは浅くとも、ネットで話題の作品を数々発表しています。

 

今回のイベントは、以前より山科さんの作品に注目していたホリエモンが、山科さんから話を聞く形で進みます。

まずは、2018年10月18日に発売予定の新刊『#アルファベット乳の、オモテとウラ。』のお話から始まりました。
 

#アルファベット乳の、オモテとウラ。
著者:山科 ティナ
出版社:太田出版

 

数ある山科ティナさんのネットで話題となった作品の中でも、初期の代表作『#アルファベット乳』を描いていた頃に、本人の周囲で起きていたことをこの新刊では描いています。
 

 


現在は注目の作家として、創作に取材に学業にと忙しい山科ティナさんが、マンガ制作の裏側では若くして様々な思いを持って作品を作り、意識できるライバルとも言える人と出会い、作品を作っていく過程が、独特の筆致で作品になっています。

 

山科ティナさんの作品を見たホリエモンからは「自分が今、山科さんの年齢だったら、絶対に大学には行かなかったな」と、ホリエモンらしい意見も出ました。

「むしろ、山科さんが目指した東京藝術大学のほうが、あの山科ティナが来てくれたということで得している」というほど絶賛しました。

 

イベント前半戦の最後では、ホリエモン自身の本のうち、実際に売れているものと、自分が作りたいと思って出したがあまり売れていないものを、その制作方法の違いを含めて判り易く説明。これには山科さんも感心していました。
 

 

後半は、ホリエモンが漫画家・山科ティナを掘り下げます。

山科さんのロールモデルから、これからの戦略について、ホリエモンからの提案などが語られました。ショートレポートはここまでです。

 

今後、このイベントに関する長文レポートも公開予定ですが、「ネットマンガラボに入会していただくと、本イベントの動画をまるまる観ることができるので、どうぞ覗いてみてください。

 

 

☆おまけ☆

 

後半で話題になった、物凄くカッコいい山科ティナさんのインスタグラム。

イラストは勿論、使い方がおしゃれです。

このインスタグラムを更に強化する方法も、ホリエモンからアドバイスがありました。

 

 

 


 

ネットマンガラボ 会員募集のお知らせ!
 


ネットマンガラボは会員を募集します。
ネットマンガで、作品作りやプロモーションなど、新しい取組にチャレンジしたい方向けの一般コースの加え、新たに安価な「ネットマンガ家コース」(2000円/月:活動実績審査あり)を新設いたしました。既に第一期は満員に達しました。
ネットで実際に活動されている漫画家さんを新たなメンバーに迎え、イベント・交流会・オンラインでの活動を強化してまいります。

 

ネットマンガラボ運営

公式Twitter(@manga_shinbun)も

フォローお願いします!

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る