TOP > マンガ新聞レビュー部 > リンチ、拷問、レイプ……記憶喪失した自分の罪とどう...

私は昔から本屋めぐりが好きで、まったく名前を知らない作家さんの本を「表紙買い」することも多かったのですが、最近では電子書籍のストア欄で同じような事をしています。
本作に関しても、まず最初に目を引いたのは表紙の絵からでした。
「自分」が女の子の首を絞めている光景。しかも彼女はなぜか笑みを浮かべている……?
この異常な「光景」が気になって、読んでみる事にしました。

 

どこにでもいそうな能天気な高校生、斉藤悠介。
最近はついにガールフレンドとの初キスに成功し、まさに幸福の毎日。
しかしそんな彼には、過去15年間の記憶がありません。
一年前の春、突如行方が分からなくなった彼は、半年後に発見された時、それまでの記憶を失っていたのです。

それからの半年間、失った記憶を取り戻すようにクラスメートや家族との絆を積み上げてきた彼の日常は、ある日、粉々に崩壊します。
きっかけはバイト先の友人の一言でした。
彼の背中には醜い火傷のあとがあり、理由を聞くと中学の時に「いじめ」にあったからだと言う。
クラスのボス的な奴に目を付けられ、煮えたぎるヤカンの熱湯を背中にかけられたのです。


……あーゆーの
実際やってみると想像以上にエグくて
周りはドン引いたりするわけ
けどソイツ よっぽどツボったんだろーな
腹抱えて笑ってたよ ずっと


……まさにサイコパス!人の痛みをわからない悪魔の所業!
そして友人は、その人物が目の前に現れた事を告白します。


お前だよ 斉藤悠介

 

……え、オレ????
あまりの事に、事態が飲み込めない主人公。

そりゃそうです。
普通の日常を送っていた人間が、残酷な犯罪の記事を見せられて「この犯人はお前だ!」と責められるようなものです。
しかしその友人(の振りをしていた被害者)は憎悪の目で主人公を殴りながら続けます。

 

全部っ!! 全部テメエのしわざだろうォが!!
この火傷も
宮田の骨折も
一之瀬強姦したのも
アイツを殺したのも!!

 

うわー、なんか……とんでもない余罪が次々と……
ここに至って主人公も、過去の自分がとんでもない人物であった事を理解します。

 

今まで彼が、多くの人を傷つけ、恐れさせてきた事を。
彼らの憎悪は一年経った今も全く収まっていない事を。
今更「忘れました、ごめん」では済まされない事を。

 

たとえお前が忘れても 俺達は絶対に忘れない
これからオマエは未来永劫 過去に復讐され続けるんだ

 

こうして主人公は、否応なく過去の自分の記憶と向き合わされる事になります。

 

自分は半年間の失踪中何をしていたのか?
なぜ記憶が失われたのか?
自分は本当に人を殺したのか?
アイツって誰なのか?

 

真実が分かったところで罪が償われるわけではない。

だってもう「終わってる」んだから。

幸福な結末なんかないことは分かっているのに、先に進まずにはいられない。
そんなどす黒い魅力に満ちた作品です。

 

まったく救いのない「自分探し」の物語を読んでみて下さい。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(1) (マガジンポケットコミックス)
著者:さの隆
出版社:講談社
販売日:2018-03-09

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る