TOP > マンガ新聞編集部 > 不倫SF漫画の結末はハッピー?バッド?『あげくの果...

2018年7月23日(月)漫画『あげくの果てのカノン』完結記念イベント「ハッピーエンド(もしくは地獄のはじまり)の作り方」が開催されました。

 

 

本イベントに登壇されたのは『あげくの果てのカノン』作者の米代恭先生と、話題作『映像研には手を出すな!』作者の大童澄瞳先生です。
おふたりは「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載されており、プライベートでもお付き合いがあるとのこと。

 

レポート前編に引き続き、終始楽しい雰囲気で行われたトークイベントの様子の後編もお楽しみください。

 

それぞれの”物語の作り方”について

ーーーパーソナルな部分を話していただいたので、ここからはお仕事について聞きたいと思います。たとえば物語を考えるとき、自分ひとりで考えるのか、担当編集と一緒に考えるのか、どちらでしょうか。

 

米代 編集さんと一緒じゃないと物語作りはできないですね。自分ひとりで考えると、自分でできる範囲でしかやらなくなるんです。

私はひとつのことをぐーっと考えるので、他にも色んな可能性があるはずなのに「普通はこういうことしない」と思ってしまうところを、金城さんが「そういうのいいから」って言ってくれて。

 

大童 一刀両断ですね(笑)

 

米代 そうですね(笑)「そういうのあんまりおもしろくないから」って軌道修正してくれる時は、やっぱり自分ひとりだとここまで行けないなっていうのを実感します。編集さんはすごく大事ですね。

 

ーーーおふたりが物語を作るにあたって、大事にしていることはありますか?

 

米代 大事にしていること…私はフィクションを観ている時に、よくわからないことが目の前で起きているシーンがすごく好きで心に強く残っていて。なので読者の方々にも、目が離せない状況、みたいな感覚を味わってほしい気持ちはあります。

 

ネームを見返して、そういう部分が足りないと「なんかなー」と思って直したりすることはよくあります。

 

 

(第5話)境に2人での旅行に誘われ、受け入れてしまったかのんに衝撃の出来事が起こる

 

大童 僕は前回の反省を大事にしてます。1話単位でも反省はありますが、特に単行本単位での反省は重視してますね。

 

常に作品内でのキャラクターの感情を引き出せたらいいなと意識してるんですが、単行本で確認したときにメカの描写などが多くなっていたら「次の巻ではもっと人間の描写を増やそう」って反省してます。

 

 

(第1話)ツバメが考えたメカを
設定から考えていくみどり

 

大童 『映像研には手を出すな!』の中では、キャラクターたちが物語や作品を作ったりもしているので、そういう部分に自分の反省が活かされたりもしてますね。

 

米代 質問なんですけど、漫画の中で彼女たちが作る作中劇とかは、どういう風に思いついてるんですか?

 

大童 うーん…僕が考える次回作の候補を、作中劇として描いてる部分はありますね。

僕はものすごくSFが好きで、『映像研には手を出すな!』の作品内でキャラクターたちが物語を作っている構造にすれば、自分が描きたい物語をいくらでも登場させることができるので、やりたいことをやってみよう!と思って描いてます。

 

 

(第7話)部活動予算を決める
「予算審議委員会」で上映した作中劇の一部

 

大童 でもかなり毎回悩んでますね。「作中で描ききれないんじゃないか」と感じると、「もう少し軽めの短い物語にしないと」とか思うので…昔から持ってるストックを出していく、みたいな感じです。

 

結末はハッピーエンド?orバッドエンド?

ーーーそろそろトークイベントのテーマでもある「ハッピーエンドもしくは地獄の始まりの作り方」の話に入っていこうと思います。

 

※注意喚起※

以降の内容は、最終巻のネタバレを含みます。

漫画『あげくの果てのカノン』全5巻をお楽しみいただいてから、ご覧いただくことを推奨します。

 

あげくの果てのカノン 1 (ビッグコミックス)
著者:米代 恭
出版社:小学館
販売日:2016-06-10
  • Amazon
  • Amazon

 

最終巻5巻あらすじ

 

5巻では、境宗介の妻・初穂がSLCからゼリーを脱走させたことがきっかけとなり、永田町旧国会の”壁”内にある巨大ゼリーが暴発。

永田町消滅から逃れるためには、23分以内にゼリーの心臓をすべて壊さなければならない事態に陥る。

 

宗介と初穂は、活発化するゼリーの暴走を食い止める戦いの最中、「修繕」による心の変化で不倫をした行為に対して、それぞれの気持ちに整理をつける。

 

 

 

 

 

ふたりの活躍により、永田町は消滅を逃れたが境先輩は消息不明。

一部始終をモニターで目にしていたかのんは、境先輩を忘れるためひとり旅に出る。

 

月日は流れ、それから10年。かのんは東京から離れた土地で、友人とカフェを営んでいた。

ケーキを作り、毎日が楽しく、刺激のない穏やかで充実した日々を送るかのんだったが、境と10年ぶりに再会することになる。

 

 

 

 

 

長い年月をかけて、忘れたはずの相手が目の前に現れ、かのんの頭の中にはあらゆる妄想が広がるも、現実は違った。

 

 

 

 

 

「バッヘルベルのカノン」の一曲が流れるまでは。

 

 

 

 

 

ーーー今回の『あげくの果てのカノン』の最終回ですが、読者の方の感想ではハッピーエンドとバッドエンド、両方の意見で分かれていると聞いています。ちなみに会場の皆さんは、どちらの意見でしょうか?

 

(会場「ハッピーエンド」派が半分程度、「バッドエンド」派は少数)

 

ーーー会場の方の中では、「ハッピーエンド」派が多い印象ですね。よければなぜそう思うのか教えていただけますか?

 

会場 ハッピーエンドかどうかは、誰目線かどうかによると思うんですけど、かのんの目線で見ればハッピーエンドだと捉えています。

 

ーーー境先輩とはうまくいっているわけではないと思うのですが、どのあたりがかのん目線でハッピーという風に思ったんですか?

 

会場 ラストの「恋がまた現れた」の部分で、(ふたりの周囲からすれば)またとんでもないことが起こるかもしれないという予感はあるんですけど、かのん本人は多分それが幸せなんだろうなという考えです。

 

ーーーありがとうございます。米代さんは今の意見について、どうでしょうか?

 

米代 意図通り読み取っていただけて、すごくありがたいです。人によって受け取り方は全然ちがうと思っていて、だからこそさっき答えていただいた見方も嬉しいなと思います。

 

ーーーでは逆に「バッドエンド」派としての意見を言ってみたい方はいらっしゃいますか?

 

会場 少し悩むんですけど、かのんが長い期間努力してようやく離れたのに、その期間はなんだったのか、もったいない!と思いました。

境先輩も無精髭が生えたり、輝きを失ってると思うんですけど、現実的に考えて、その後ふたりが一緒に過ごすって本人たちは幸せかもしれないけど、周りからするとすごくいびつな関係に映るのでは?と…でもそれも美しいです!

 

(会場一同、笑いが起きる)

 

ーーーどうですか?米代さん。

 

米代 それもすごい正しい意見だと思います。そういう風に読者の方に見えたらな、と思って描いていたので、すごいありがたいです。

 

「境先輩に恋をする」こと以外、生きる実感が湧かないキャラクター

ーーー大童さんはどっち派ですか?

 

大童 僕は両方の意見があることを知った上で最終回を読んでいたんですけど、最初は「こんなのハッピーエンドに決まっとるやん」と思ってました。でも改めて意見を聞くと、僕が考えている以上の意見をそれぞれ持たれていて…「僕はなんて浅はかなんだろう」って思いましたね。

 

ーーー大童さんがハッピーエンドだと思った理由はなんですか?

 

大童 僕は人の恋愛なんかどうでもいいってタイプなんです。その人の幸せとかはなにか、っていう部分に注目して判断しているので、かのんや境先輩の表情、反応を見てハッピーエンドかなと思いました。

僕が思うかのんのバッドエンドは、彼女の境先輩を好きな気持ちが周りをめちゃくちゃにしたあげく、境先輩が死んじゃうとかだったので、こうなってよかったねと思いましたね。

 

金城 よかったね、の部分は「再会できてよかったね」ですか?それとも「これからも一緒にいれるからよかったね」ですか?

 

大童 うーん、僕はかのんが先輩と一緒に居てずっと周りを巻き込んできた間、一度も不幸せだったとは思ってないんです。

なので、最終回のあとにこれからどうなろうが、かのんは幸せなんだと思います。

 

米代 そういうことか…ありがとうございます。

 

ーーー担当編集の金城さん自身は(ハッピーエンドかバッドエンド)どちらだと思われましたか?

 

金城 私は一人のひとを高校のときから好きで、30歳を越えてもずっと好きだというのは「呪い」だと思ってました。

なので『あげくの果てのカノン』の最終回がハッピーエンドだとは考えてなかったんですよね。人がひとつのものしか好きで居続けられないのは、本人もしんどいと思うので…。

 

でも会場の方々や大童さんの話を聞いて、とても深いと感じました。こうなると気になるのは、「人間にとっての幸せをなんだと思ってるか」ですよね。私たちはいつ幸せなのか…。

 

米代 実際に物語を終わらせるときに、不倫もののラストって大体別れるか、別れて一緒に人生は歩めなかったけどきらめいた思い出だった、みたいなモノローグで終わることが多いと思ってたので『あげくの果てのカノン』のラストは違うものにしたいな、と考えてました。

 

かのんの幸せについてを考えると「境先輩に恋をする」こと以外、生きる実感が湧かないキャラクターなんです。

でも彼女自身も人間として成熟しようという決意を持って、一回離れてみた。なのに境先輩を見た瞬間に、中毒的に先輩を好きでいてしまう、みたいな感じなので、あのラストはかのんにとってはハッピーエンドなんですよね。

 

米代 でも10年とか関係が続いた時に、穏やかな生活は送れないと思っていて、ずっと感情の乱高下を30歳40歳になっても続けていくのが、はたして幸せなんだろうか?とかいう意識はあります。

 

金城 そのこと考えたら、地獄みたいだよね。

 

大童 よくある「メンヘラは50歳になると治ってる」っていう…。

 

米代 体力が落ちるとまた変わってくるのかもしれませんね。

 

好きになることにも、好きじゃなくなることにも理由なんてない

ーーー登場人物の中でこのキャラにだけは幸せになってほしかった、というキャラはいますか?

 

大童 います、弟のヒロ!弟~幸せになって~…!

 

米代 弟はちゃんと幸せになれると思う(笑)

 

大童 よかったぁ!かのんのことが好きだっていうのがずっと最後まであったので、どうなるのかなと思ってました。

 

 

 

米代 実はかのんよりも厄介な人間だったかもしれないですね。

 

金城 家族ってわかっててもずっと好きでしたからね。

 

ーーー米代さんは、たとえばスピンオフをするとしたら幸せになってほしいキャラとかいますか?

 

米代 金城さんと境先輩がかのんを好きになった理由を描かなきゃいけないんじゃないかって、連載中の打ち合わせでは話していて。

 

金城さんは「好きになるのに理由なんて無いじゃん」って言ってて、私は「じゃあ好きじゃなくなることにも理由が無いわけじゃん、そんなの悲しすぎるでしょ」って思っていて。でもそれがひとつの真理として存在していました。

 

初穂さんは、本当にまったく理由がなく好かれなくなった人間なので、やっぱりごめんねと思っていて幸せになってほしいと思います。

 

ーーーそういえば、作中に初穂さんの再婚が判明するシーンがありましたよね。

 

 

 

米代 そうですね。初穂さんは境先輩によってメンヘラ化されただけであって、基本的にすごい優秀なキャラクターとして描いていたので、境に狂っていた自分を客観的に分析して次の恋愛に活かすことができる人だと思っていました。(スピンオフを)描ける機会があったら、描いてみたいですね。

 

ーーーたとえばかのんと境先輩が結婚する、みたいな他に考えていたラストはありますか?

 

米代 はじめの方の設定段階で、世界が滅亡したなかで、ふたりだけの誰にも祝福されない結婚式を挙げるみたいなイメージがあって、一応今のラストにも骨組みみたいな部分は残っているのかなと思います。ふたりがヨリを戻して結ばれたとしても、誰も祝福しないと思うので。

 

ーーーありがとうございます。

それではこのトークの最後に、米代さんは今回の結末に関して、ハッピーエンドだったと思いますか?バッドエンドでしたか?

 

大童 あるいはどちらでもないか。

 

米代 うーん、本当にずるいと思うんですけど、私はメリーバッドエンドっていうのをやりたかったんです。メリーバッドエンドの概念って、当人たちは幸せでも周りは不幸とか、もしくは逆の場合とか、ハッピーともバッドとも言えないようなラストなんです。

なので、どっちでもありというか、見る人次第で変わるようにしたかった気持ちはあります。

 

米代 実はあのラストで、かのんが先輩の手をとって出ていっちゃうシーンまで考えていました。でも打ち合わせのなかで「そこまで描いていいのか」と思って、そこまで作中で言い切るよりも再会したシーンで終わらせて、その後どうなるのかを読者の考えに委ねよう、という終わりにしましたね。

 

ーーーありがとうございました。



 

 

この後は、米代先生と大童先生への質問コーナーや、サイン会が実施されました。

来場者とのコミュニケーションも多く、とても濃い1時間半のトークショーとなり『あげくの果てのカノン』のラストについてを、それぞれが深く考えた時間でした。

 

お話によると、米代先生はすでに新しい物語の制作に入られているそうです!

 

今後も「月刊!スピリッツ」で連載中の『映像研には手を出すな!』や、米代先生の新作ともに、両方合わせてお楽しみください!

 

 

>>不倫SF漫画の結末はハッピー?バッド?『あげくの果てのカノン』米代恭×『映像研には手を出すな!』大童澄瞳トークイベント【前編】

 

(取材・編集/駒村悠貴

 

 

あげくの果てのカノン 1 (ビッグコミックス)
著者:米代 恭
出版社:小学館
販売日:2016-06-10
  • Amazon
  • Amazon
映像研には手を出すな! 1 (1) (ビッグコミックス)
著者:大童 澄瞳
出版社:小学館
販売日:2017-01-12
  • Amazon
  • Amazon

 

 

関連記事

 

>>人を好きになるのが少し怖くなる一作『あげくの果てのカノン』

 

>>“偶像崇拝”のなれの果て『あげくの果てのカノン』

 

>>重い思いに包まれる。一生あなただけを好きでいます『あげくの果てのカノン』同年代の作者に度肝を抜かれた作品がこちら

 

>>マンガはもっと凄くなる!『映像研には手を出すな!』は新しいマンガの実験室なのだ。

 

>>さぁ!最強のその先へ!『映像研には手を出すな!』最新3巻発売。 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る