TOP > おすすめニュース > 「合法的な漫画村を作る」赤松健のマンガ図書館Zが実...

2018年8月1日、株式会社Jコミックテラスは「新たな仕組みを採用した『マンガ図書館Z』の実証実験開始に関する記者会見」と題し、都内メディアドゥホールディングスにて、記者発表を行いました。

 


 

マンガ図書館Zについては、こちらをご覧ください。


 

冒頭は株式会社講談社取締役(株式会社Jコミックテラス社外取締役)森田浩章氏より、漫画業界の現状を踏まえた説明がありました。コミックの電子化は進んでいるが、全てに至ってはいない状態です。また、売れ線の作品は、電子書籍データにはなっても各電子書店のトップページに出ることもなく、必ずしも充分に販売が出来ているわけではないとのこと。そこをマンガ図書館Zには期待しているということでした。

 

一方、今回マンガ図書館Zの株式を取得した株式会社メディアドゥホールディングス取締役副社長の新名新からは、先月グループで発表した中期経営計画を絡めての説明がありました。

 

中期経営計画の中では、

  1. 出版社を支援
  2. 書店・取次を支援
  3. 創作者を支援

上記3つの方針を打ち出しましたが、まずはマンガ図書館Zと取締役の赤松健氏に、「創作者を支援する」ということを期待すると説明しました。
 

最後に、取締役会長の赤松健氏、同取締役の佐藤美佳氏から、マンガ図書館Zの実証実験についての説明がありました。

 

左:赤松健氏 右:佐藤美佳氏

今回の取組は、マンガ図書館ZのJコミックテラス社に対して、実業之日本社が協力する形で行われます。

 

まず、実業之日本社が、電子化を行いたい電子化前の作品をリストでマンガ図書館Zに共有します。

作家数にして4,358名で、全8,871作品が対象です。

これまでのマンガ図書館Zで行われていた作業同様、有志の一般ユーザーが作品データをアップします。

これを、マンガ図書館Zが実業之日本社に情報共有すると、実業之日本社が著者にマンガ図書館Z上での電子書籍アップの許諾を確認。
著者のOKが取れたところで、作品の公開が開始されます。
 

図中左下の「作者」という説明は「データをアップロードするユーザー」が正しいと訂正がありました。
 

実証実験では、上がった収益の80%を著者に還元し、10%を出版社、10%をデータアップロードしたユーザーに戻すという仕組みを提示しました。この実験は1年間行う予定です。

もちろん、これから多くの課題が出ることは織り込み済みで、正に実証実験を行いながらスキームの完成を目指していきます。

マンガ図書館Z - 無料で漫画が全巻読み放題!

【全巻無料!読み放題!】無料で漫画を読むなら「マンガ図書館Z」ここでしか読めないあの名作漫画から今注目のマンガまでおすすめコミックがもりだくさん!会員登録も必要ナシ☆最終巻まで全部まるごと無料で読んじゃおう。新着マンガも続々公開中!

www.mangaz.com

 

 

最後は、赤松氏からの以下の言葉で締めくくりました。

 

「究極の目標は、全ての作品が読める場所にすること。2011年から、電子書籍版YouTubeを目指すということで、試行錯誤をしてやってきましたが、今度の仕組みは完全に合法ということでは完璧なものなので、ここまで来ることが出来てとても嬉しいです。」


 

マンガ新聞編集部(文/菊池健

撮影協力:hon.jp

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る