TOP > WEBマンガ > 漫画賞審査員長に聞いてみた!時代を代表する漫画家へ...

多くの人の夢であり目標である職業の中の一つ、漫画家。近年、時代の変化につれて「漫画家への道のり」も多種多様に変化してきました。
本日は、1980年~2000年代にかけて『うる星やつら』『タッチ』『ラーメン発見伝』などの人気作品を手がけてきたベテラン編集者に、当時の話をお聞きしつつ、現代の漫画家を目指す人々に向けたインタビュー記事を、全三部に分けてお届けします。

 

漫画賞審査員長に聞いてみた!時代を代表する漫画家への道のりは「賞への応募?」「持ち込み?」「ネット投稿?」

 

>>第一部:あだち充、高橋留美子、作家の独創性が多くの読者を惹きつけた時代とは

>>第二部:娯楽から情報を得るものへ、時代の変化に合わせた「漫画」の作り方

>>第三部:紙からネットの世界へ、発表する場が増えた「漫画」の未来はどうなる?

 


前回の第一部・第二部に引き続き、インタビューさせていただいたのは小学館の有藤氏です。

 

 

有藤 智文(ありとう ともふみ)
1983年、株式会社小学館に入社。「週刊少年サンデー」「ビッグコミックオリジナル」「ビッグコミックスピリッツ」などいくつもの編集部を経験し、「ビッグコミックスペリオール」編集長を務める。現在は小学館漫画賞の運営に携わっている。過去には高橋留美子先生、あだち充先生など有名作家を担当。数多くの人気作を担当したベテラン編集者。

2018年9月16日(日)に「京都国際マンガ・アニメフェア2018(通称・京まふ)」内にて、授賞式が開催される「京都国際漫画賞」審査員長。
 


 

作り方・読まれ方が変わってきた現代

有藤さんへのインタビューも、この記事で最後となります。第三部では、ネットがあることが大前提となった現代で、漫画家を目指す人々へのアドバイスをいただければと思います。
まず、ネットということで、最近一番記憶に新しい『こぐまのケーキ屋さん』について伺ってもよろしいでしょうか?

 

 

『こぐまのケーキ屋さん』…元々作者・カメントツ先生が友人を元気づけるために描いた漫画がTwitterで話題となり、連載されるようになったSNS発の漫画。可愛くてどこかヌケてるこぐまの店長と、元客で現店員となった青年のゆるいやり取りが多くの人に愛されている。

 

有藤 おもしろいですよね。『こぐまのケーキ屋さん』を代表させるわけではないですが、あれこそがネットやデジタルで読む漫画だと思います。他にSNSでバズった作品と言えば『先輩がうざい後輩の話』とか、少し前で言えば山本さほ先生の『岡崎に捧ぐ』でしょうか。

 

2作ともネットで本当に読まれている作品だと思います。

 

有藤 要は電車に乗ってたり、人を待ってたりするときにサクッと読めるものとして存在するじゃないですか。1話が数コマとか4ページとか短めで構成されているので。
となると、ものすごくシンプルな話になってくるんですよね。(物語に)複雑さがないというか。

 

複雑さがない、と聞くと「それでいいのか?」と思ってしまいますね。

 

有藤 逆に複雑だとダメというか、読者にあえて考えさせちゃいけないんです。
例えばちょっと強面の先輩と主人公の女の子が仕事に行って、ずっと怖いと思ってたら最後にやさしい一言をくれて「ああよかった」ってホッとするとかね。余計なことを考えない間に、一息つけて楽しめるような展開があることが大事なんだと思います。気づいたら目的地についてたり、待ってた相手が来たり。

 

なるほど、ネット漫画らしい特徴です。週刊漫画誌の1話20ページ前後の分量は、山手線の1駅区間で読めるようにするためと言われました。ネット漫画だとその間に大体4~5話読めてしまう感じですよね。

 

有藤 はい、なのでそのようなネット漫画が瞬間的にバズるのはとてもよくわかります。しかし裏を返すと、スキマ時間で短い話を読むのに慣れてしまっているので、ネット漫画が単行本になって一冊丸々読まなきゃならないとなると、読者が大変に感じてしまう場合もありますよね。

 

普段軽い気持ちで読んでいただけに、ボリューム感があると慣れないかもしれませんね。

 

有藤 となると、作家が今後どう振る舞うかが重要になってきます。ネット漫画はSNS上では多くの人に読まれても、単行本になると難しい側面もあります。
僕はネットにアップしたい人はそうすればいいと思います。ただ、メインではない漫画を4ページぐらいで息抜きでアップするとか、自分の固定ファンを作ることなどにネット漫画を有効活用するぐらいの方がいいのかもしれません。

 

面白ければ売れる、は変わらない

先程有藤さんも仰っていたように、ネット漫画はネット上では多くの人に読まれる一方で、単行本になるとなかなか難しいという課題があるのも事実です。
単行本でも売れる漫画を作るか、それとも単行本とは別の収益を得られる仕組みを実行するかなど色々あるかと思うのですが、今漫画家を目指している人々に向けて、有藤さんから一言アドバイスをいただけますか?

 

有藤 結局のところ、いくら狙っても自分ができないことはできないと思います。

 

カメントツ先生も『こぐまのケーキ屋さん』はバズるのを狙って描いたというより、友人の結婚式用に描いた漫画がたまたまバズったことが始まりでしたね。


 

ひょんなきっかけで描かれたという第1話。その後のヒットは描いた本人こそ予想していなかったかも。
 

有藤 そうですね。面白ければ売れる、面白くなければ売れないのは変わらないので、漫画を描く人は、雑誌向け・ネット向けでのそれぞれの受け方などをあまり意識しなくてもいいのではないでしょうか。昔から持つ漫画の”面白い”というダイナミズムを、きちっと活かして漫画を描くことを意識していくべきだと思います。

 

ダイナミズム、というと?

 

有藤 ストーリーで読ませるということです。スポーツ漫画でいえば、弱小チームが予選を勝ち抜き甲子園で優勝するなど、王道的なストーリーでも、一番いい魅せ方は何かを意識することが大事だと思います。

 

魅せ方の意識、について具体的に教えていただけますか?

 

有藤 たとえば山場をひとつとっても、これまでは物語の中盤~終盤に持ってきていたものを冒頭に持ってきてインパクトを与え、最初の数ページで読者を掴んで最後まで読ませるなど、今の時代にあった展開方法を考えてみるのも必要です。

テーマや長さは変えず、構成や魅せ方など、作り方を変化させることが重要になってくると思いますね。

 

たしかに、そうすればスキマ時間に少しだけ読んでみたつもりが、続きが気になって最後まで読む気がおきるかもしれません。これまで時代に対応してきた有藤さんならではの意見ですね!
ネット漫画の特性は、ファン作りや息抜きなどに上手く利用しつつ、今の時代に沿った展開を意識して漫画を描くことの重要性を感じました。

 

漫画家を目指す人に取り組んでほしいこと

最後に「小学館漫画賞」の運営や「京都国際漫画賞」審査員を務められた有藤さんに、漫画家への道のりについてを伺えればと思います。

 

有藤 色んな新人賞があると思いますが、「新人賞」を受賞するまでのスピード感が現代に即してないと思いますね。通常は応募のあとに審査期間があって、受賞が決定しますが、そこまでの時間が漫画家を目指す人にとって、ものすごくタイムロスな気がします。
今は持ち込みを歓迎している編集部も多いので、持ち込みしてすでに担当がついている人が「新人賞」に応募し、デビューの箔付けに利用するぐらいでちょうどいいのかなと個人的には思っています。

 

 

初回から「新人賞」に応募するよりも「持ち込み」した方が良いということでしょうか?

 

有藤 その方がデビューまでの道のりが早い可能性が高いですよね。僕は結果が早い方法を取ったほうがいいという考えです。新人賞などへの応募は「賞を取ること」が目的か、「担当と繋がること」が目的かということだと思います。
漫画家を目指す人にとっては、何よりも自分の才能を知ってもらう、見つけてもらうことが大事です。そのための方法として、賞への応募や持ち込み、ネットへの投稿がありますが「持ち込み」が一番結果が出るのが早いのではないでしょうか。

 

そうですね。貴重なお話、ありがとうございました!

 


 

以上が小学館のベテラン編集者・有藤氏へのインタビュー内容でした。
第一部・第二部・第三部を通して、読者と漫画の内容が時代に合わせてどう変化してきたかということ、そして今後漫画家を目指す人々がどう振る舞うべきかを伺いました。

 

「持ち込み」という重要なキーワードがインタビュー取材の中で出てきましたが、2018年9月15日(土)に京都で行われる「京都国際マンガ・アニメフェア2018(通称:京まふ)」内で「マンガ出張編集部」が開催されます。

 

小学館からは、かつて有藤氏も在籍していた「ビッグコミックスピリッツ編集部」「ビッグコミックスペリオール編集部」「少年サンデー編集部」など、有名な漫画雑誌の編集部が参加されます。
他にも、多数の出版社やWEBアプリ、電子書店の編集部が一同に介するイベントです。

 

関西圏の漫画家を目指す人々は、ぜひ気軽に持ち込みしてみてください!
事前申込制となっておりますので、多数のご応募をお待ちしております。

 

 

▼「マンガ出張編集部」詳細▼

京都国際マンガ・アニメフェア2018(通称:京まふ)内で開催される「マンガ出張編集部」に、ぜひご来場ください!

 

当イベントは、マンガ出版社の編集部を招き、マンガ家志望者が自分の作品を持ち込む機会を創出します。
※事前申込制・原稿持込者は入場無料

 

開催日時

2018年9月15日(土)11時~17時

 

会場

みやこめっせ(京都市勧業館)
京都市左京区岡崎成勝寺9-1

<電車>
・地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分
・京阪電鉄「三条駅」・市営地下鉄「三条京阪駅」より徒歩約16分
<市バス>
・「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車徒歩約5分
・「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩約3分
・「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ 

 

 

こぐまのケーキ屋さん (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
著者:カメントツ
出版社:小学館
販売日:2018-03-02
  • Amazon
  • Amazon

 

漫画賞審査委員長に聞いてみた!時代を代表する漫画家への道のりは「賞への応募?」「持ち込み?」「ネット投稿?」

 

>>第一部:あだち充、高橋留美子、作家の独創性が多くの読者を惹きつけた時代とは

>>第二部:娯楽から情報を得るものへ、時代の変化に合わせた「漫画」の作り方

 

 

(取材:菊池健/構成:駒村悠貴) 

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る