TOP > マンガ新聞レビュー部 > 世界を救うのはおいしいごはんかもしれない『異世界食...

世界で一番、人を笑顔にするもの

毎日毎日ニュースではいろんな事件が報じられ、世界のどこかで戦争も絶えず、日常の中でもちょっとしたことにイライラしたりケンカになったり…。

 

どうして人間はこんなにピリピリしてるんでしょうねぇ。

 

満員電車で足を踏まれた。

先生に注意された。

子供がちっとも言うことを聞いてくれない。

イライラ。ピリピリ。イライラ。

 

でもね、そんな時は、おいしいごはんを食べましょう!

 

 

<あらすじ>

とある商店街の中にある食堂「洋食のねこや」。
その店には、秘密がある。平日はごくごく普通の食堂。しかし七日に一日、ねこやは"特別なお店"に変わるのだ。
訪れるのは様々な種族のお客様たち。トレジャーハンターや魔族にエルフ。
彼ら彼女らは、この店のことを「異世界食堂」と呼ぶ―――。

 

 

別に高級な食材を使った、お洒落で格式の高い料理とかじゃなくたっていいんです。

 

ふわふわ卵のオムライス。

フルーツと生クリームたっぷりのプリン・ア・ラ・モード。

具だくさんなスパイシーカレー。

熱々ジューシー唐揚げ。

炊きたてごはんの塩むすび。

 

一口食べればほら、もうイライラしてたことなんてすっかり忘れて、自然と笑顔になりますでしょう?

 

争っていた相手でも、種族が違っても、なんなら住む世界が違っても!

一緒においしいごはんを食べて、おいしい笑顔をお互いに向ければ、きっと次の瞬間には仲良くなれると思うんです。

 

え?そんなに甘くはないって?

 

じゃあ「洋食のねこや」に、土曜日に行ってごらんなさい。

 

…場所がわからない??

大丈夫。七日に一度、きっとあなたの前に猫の絵が描かれた扉が現れますよ。

 

(C)Junpei Inuzuka/SHUFUNOTOMO Co.,Ltd.
(C)Takaaki Kugatsu/SQUARE ENIX

 

原作小説はヒーロー文庫(主婦の友社)より発売中です。

 

>>『異世界食堂』をDMM電子書籍で読む
 

異世界食堂 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
著者:犬塚惇平(ヒーロー文庫/主婦の友社)
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2018-07-25
  • Amazon
  • Amazon

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る