TOP > マンガ新聞レビュー部 > 喰種ロス!『:re』の連載が終了した“今”こそ読も...

先週の『週刊ヤングジャンプ』31号で

『東京喰種トーキョーグール:re』

<最終回>を迎えました。

 

石田スイ先生、
長期連載、本当にお疲れ様でした!

 

次号から掲載されていないと思うと
すごく寂しいですが、

そんな心の「喰種(グール)ロス」
少しでも埋める意味でも
『:re』より前の時代のお話にあたる

『東京喰種トーキョーグール』

を今回紹介したいと思います。

 
東京喰種トーキョーグール リマスター版 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
著者:石田スイ
出版社:集英社
販売日:2013-08-02
  • Amazon
  • Amazon
 
 
 
もし、ある日突然、何者かの手によって
あなたの大切な人が
無残に喰い殺されたとしたら……
どう思いますか?
 

嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ
悲しい悲しい悲しい悲しい悲しい悲しい
辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い
苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい

 
うまく言葉にできない様々な感情が渦巻き、
やがてその犯人に対して
激しい憎悪を抱くようになるかもしれません。
 
しかし、本作でその所業を行っているのは、
「喰種(グール)」と呼ばれる
人間と同じような姿をしながら
人間を捕食している怪人
であり、
普通の人間では、まず太刀打ちできません。
 
本作では、喰種によって、
・命を奪われた人
・家族や仲間を奪われた人
の無念を晴らすために喰種と闘う
「喰種捜査官」が数多く登場します。
 
彼らが操る、対喰種用武器「クインケ」
喰種の武器「赫子(かぐね)」による戦闘は
どちらも一撃でも喰らえば
致命傷になりうる威力があるため、
バトル回は読んでいて常に手に汗握ります。
 
また、クインケの開発には
喰種の体が材料として必要であり、
倒した喰種を己の武器に変えて
新たな喰種を倒していく
……といった展開が青年漫画的に熱いです。

そんな、喰種捜査官ですが、
時には残忍な手で喰種を追い詰めます。
相手が喰種であれば、
女、子どもだろうが一切容赦無しです。
 
なぜなら、喰種捜査官の多くが
喰種に平穏や幸せを奪われた過去を持ち、
喰種への復讐心で生きている
からです。
 

喰種捜査官にとって、

喰種は世界を歪める悪であり

駆除すべき存在なのです。

 

 

さて、ここまで喰種捜査官について
語ってきたわけですが、
本作の主人公が喰種捜査官か?
……というと、違います。
 

ある出来事が原因で喰種の臓器を移植され、
<半喰種>として
生きることになってしまった
平凡な大学生・カネキ。

 

“彼”が本作の主人公です。


元々、人間だったカネキ青年にとって
喰種は「恐怖や嫌悪の対象」でしかなく、
自分が<半喰種>になったからといって
生きるために人間を喰う行為に対して
激しく抵抗し、悩み、飢えに苦しみます。
 
そういった態度のため、
喰種からは半端者としてウザがられ、
かといって、人間にも戻れないため、

「人間社会」と「喰種社会」の
どちらにも自分の居場所が無い

……と、カネキ青年は絶望します。
 
しかしその後、喰種や喰種捜査官との
出会いや別れを繰り返していく中で、
 

【人間側】と【喰種側】どちらにも

・正義や悪がある
・守りたい家族や仲間がいる

……ということを知ります。
 
そして【人間側】と【喰種側】の
どちら側も知っている
<半喰種>の自分だからこそ
それまで両者の選択肢になかった、
 
“人間と喰種の共存の道”
 
を模索していけるのではないか?
……と考え、行動していきます。
 
その道のりは厳しく困難を極めますが、
何度も何度も

大切なものを失い続け

・騙され続け

・失敗し続け

・道に迷い続け

……それでも、
前へと進もうとするカネキ青年は、
 

姿は“ダークヒーロー”でも
魂は“王道・主人公“です。

 
本作では、主人公・カネキ青年が
「人間として」「喰種として」
少しずつ成長していく姿に
ぜひ注目してもらえたらと思います。

 

・正義とは何か?

・悪とは何か?

・人間と喰種の共存の道はあるか?

 

その”問い”が

『東京喰種トーキョーグール』

にあり、

その“答え”が

『東京喰種トーキョーグール:re』

にあります。

 

『東京喰種』という作品を

これまで知らなかったという方々には

『無印』から読み始めて頂き、

もう既にファンだよ、という方々には

『無印』を読み返して頂きたいです。

 

『:re』が完結した“今”がその時!

 

『東京喰種』の魅力を

これからも喰らっていきましょう!

 

 
東京喰種トーキョーグール リマスター版 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
著者:石田スイ
出版社:集英社
販売日:2013-08-02
  • Amazon
  • Amazon

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る