TOP > マンガ新聞レビュー部 > 漫画好きのホリエモンも"面白い"と語る!タイムリー...

タイムスリップ頻繁繰り返し物の映画といえば、『ミッション:8ミニッツ』などヒット作が多い一種の王道なのだが、漫画で、それも暴走族チームネタというのは聞いたことがない。
ありそうでなかった組み合わせの作品。そして非常にテンポがよろしい。

 

東京卍リベンジャーズ(1) (講談社コミックス)
著者:和久井 健
出版社:講談社
販売日:2017-05-17
  • Amazon
  • Amazon

 

主人公はうだつの上がらないフリーター。

中学生の頃一瞬彼女ができたのだが、イキがって他の中学のヤンキー軍団と喧嘩をしたらバキバキにやられた挙げ句の果てに、有力な暴走族チームの傘下にされてしまい使いっ走りの虐げられる存在に。

そんな日常に嫌気がさし、地元から逃げて彼女とも別れてしまう。

 

それから12年後、テレビを見ていると、その元カノが暴走族チームが発展して出来た半グレ軍団の暴走する車にはねられて殺されてしまうという衝撃的ニュースが流れた!!!

 

ショックを受ける間も無く、主人公は駅のホームでぼうっとしていると、何者かにホームから突き落とされ電車にはねられそうになり、一瞬記憶が消える。
そして目が覚めると、なんと中学生の自分にタイムスリップしてしまうのだ!

 

そして人生を繰り返し始めるが、中学生の頃の彼女の弟に接触した瞬間、また元の25歳の自分に戻ってしまい、自分のミッションを知る。。。

そのミッションとは、中学生の時の元カノの命を救うこと。

 

この作品は、暴走族チームや自分の同級生の仲間、そして元カノ達のキャラが立ちまくっているし絵も綺麗。
なのでガンガンテンポよく読み進められる。続きが楽しみだ!

 

▼最新刊▼

東京卍リベンジャーズ(6) (講談社コミックス)
著者:和久井 健
出版社:講談社
販売日:2018-04-17
  • Amazon
  • Amazon

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る