TOP > マンガ新聞レビュー部 > 愛が溢れる感動の猫漫画『おじさまと猫』

先日こしの先生に「これ、Twitterで流行ってるよ!」とご紹介頂いたのが、桜井海先生の「おじさまと猫」でした。
読んでみて、「癒されるわ~」と心に刺さったので、こしの先生に続いてレビューさせて頂きます!(こしの先生のレビューはこちら

 

おじさまと猫 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスpixiv)
著者:桜井海
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2018-02-22
  • Amazon
  • Amazon

 

あなたは何派?

 
犬派か猫派か?

この問いは永遠のテーマとして議論できそうなものですが、私自身は小学生の頃同居していた猫と仲が悪く、その経験から犬派に転じ、「やっぱり犬ってかわいいよね☆」という感じで生きてきております。

小学生の頃、知り合いからペルシャ猫を預かり数年間一緒に暮らしたのですが、この子はいつもベット下に隠れ潜み、わたしが近くを通る度に奇襲をしかけるのでした。
毎日襲われた結果、猫はもういい!!となったのですが、今振り返ると単にジャレあっていただけという気もします。。。
 
近年猫ブームが盛んになったこと、また「実はわたしって猫気質なんじゃないか?犬の『構ってモード』時々うざい!」という気づきから、「猫ってかわいいよね☆」と、猫を再評価しているところです。
 
 

とにかく愛が溢れる漫画


まず、この漫画の素晴らしいところは、「誰も傷つかない」「終始愛が溢れている」だと思います。
福丸と名付けられたぶちゃいくなデブ猫ちゃん(失礼!)と福丸の飼い主であるおじさまの日常が描かれているのですが、とにかく相思相愛の二人(一人+一匹)なのです。

猫と人間だから当然言葉が通じない。言葉による意思疎通ができないが故に、ただただ相手のことを思いやって、相手の喜ぶことをしようと努めます。だからこそ、互いに寄り添い合う姿が一層愛に溢れていると感じられるのです。
 
また、おじさま、福丸の他に、ペットショップのお姉さん、おじさまのお友達など、各話主人公が置き換わることで、多方面から登場人物の人となりが深堀りされて面白味が増します。
そして登場人物みんなが優しい人柄で、読んでいて心地いいのです。

そう、福丸とおじさまだけでなく、彼らを取り巻く環境そのものが愛に溢れているのです・・・!!
 

今後の気になる展開

 
わたしはおじさまの過去について興味津々です。
 
時折、おじさまの過去を臭わせるシーンがあるのですが、なぜおじさまは一人で暮らしているのか?以前は家族団らんで暮らしていたようですが、おじさまの身に一体何が起きたのか?
今後の展開が気になります。
 
そして超個人的には、大きな悪い事件・事故がなく、この福丸とおじさまの穏やかな日々が続けばいいなと願っている次第です。
 

犬派のあなたにもお勧めしたい!猫を再評価できる一冊


この漫画は、今まで犬派だったあなたにも是非お薦めしたい一冊です。
これがもしかしたら、猫派に転じるきっかけになるかもしれません。
とにかくページを開いて、第一話だけでも読んでみてください!

「猫、可愛いじゃん!」と思えたらもう成功です!
「福丸うちでも飼いたい」「癒されるわ~」と思えたらもう大大大成功です!!◎
 
是非是非、福丸とおじさまに癒されてみてくださいね♪
 
小柳かおり

 

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る