TOP > マンガ新聞レビュー部 > 【マンガ大賞2018】あなたが知っている漫画は何作...

【マンガ大賞2018】あなたが知っている漫画は何作ありましたか?

いつもご愛読ありがとうございます、マンガ新聞編集部です。

 

突然ですがみなさん、今年発表された「マンガ大賞2018」受賞作品はご存知でしょうか?

何作品か知っている方はいらっしゃると思いますが、受賞作品をすべて知っている!という方は珍しいのではないでしょうか。

 

そこで今回、この記事では「マンガ大賞2018」を受賞した作品を、ランキング順で余すところなくご紹介!

マンガ新聞レビュー部がこれまでに執筆した受賞作品のレビュー記事も、あわせてご紹介しようと思います!

 

では、さっそく第1位からみていきましょう。

 

第1位:BEASTARS 

BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)
著者:板垣巴留
出版社:秋田書店
販売日:2017-01-06
  • Amazon

 

いま確実に知名度を上げている漫画の一つです。

 

なんと、この『BEASTARS』は第22回手塚治虫文化賞・新生賞も受賞されました。
マンガ新聞レビュー部も、これまで2回記事に取り上げています!! 

 

 

ほうほう、登場人物が全部動物…!

表紙をみていると、つい赤ずきんを連想しちゃいますね(笑)

 

 

「自分らしく素直に生きる」うーん…今の現代社会では難しいかもしれないですね。

主人公・レゴシの「本能VS理性」の葛藤も、読んでいて目が離せません。

 

私自身、現在発売されている1~7巻すべてを読みました!

R15指定の道徳の教科書を読んでるような感じで、とても斬新で良かったです!気になった方はぜひ読んでみてください!

 

 

第2位:我らコンタクティ

我らコンタクティ (アフタヌーンコミックス)
著者:森田るい
出版社:講談社
販売日:2017-11-22
  • Amazon

 

この物語は、冴えない会社員の主人公・カナエが、小学校時代の同級生と再会するところから始まります。

 

なんと、同級生のかずきは、一人でロケット開発に取り組んでいたんです!すごすぎます!(笑)

それをみたカナエ自身も、思うところがあったんでしょう。ふたりは力を合わせてロケット開発に取り組んでいき、物語は予想だにしない展開へと向かいます。

続きがとても気になる作品です。

 

 

第3位:凪のお暇

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)
著者:コナリミサト
出版社:秋田書店
販売日:2017-06-16
  • Amazon

 

この漫画の主人公・大島凪は、無理して人に気を遣い続けた結果、過呼吸で倒れて退職を決意します。

その後、思い切って会社を辞めた凪の日常は激変!笑いあり、恋愛あり、成長ありの人生リセット物語となっています。

自分を見つめ直すことによって、凪の心に変化が現れる様子や、個性的な隣人からも目が離せません!

 

きっとあなたも共感するはずの痛快コメディ!詳しいあらすじや内容を知りたい方はコチラをどうぞ。

 

 

 

第4位:ダンジョン飯

ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)
著者:九井 諒子
出版社:KADOKAWA / エンターブレイン
販売日:2015-01-15
  • Amazon

 

表紙の絵や、作品タイトルに興味を惹かれる方も多いのではないでしょうか。

 

この漫画は、グルメ・ファンタジー・アドベンチャーを融合させた新感覚、今までにない自給自足ストーリーとなっています。

ダンジョンの途中でドラゴンに襲われ、無一文になった一行に待ち受ける運命はいかに!?

まだ踏み切れないでいる方は、ぜひこの記事も読んでみてください。

 

 

 

第5位:不滅のあなたへ

不滅のあなたへ(1) (週刊少年マガジンコミックス)
著者:大今良時
出版社:講談社
販売日:2017-01-17
  • Amazon

 

”それ“は誰がなんの目的でこの星にもたらしたのかはわからない。

”それ“は最初ただの球だった。

”それ“は見たものを記憶し姿を変える力を有する。

”それ“は殺されてても、死なない。

”それ“の存在意義とはなにか。これは”それ“が自分を獲得する物語。

 

非常に印象的でキャッチーな説明文の本作は、『聲の形』で第19回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した大今良時先生待望の最新作!

ファンタジー世界へと、表現の場を変えた大今先生の作品。これを機に読み比べてみるのも一味違った楽しみ方かもしれません。

 

聲の形(1) (週刊少年マガジンコミックス)
著者:大今良時
出版社:講談社
販売日:2014-01-17
  • Amazon

 

 

第6位:ランウェイで笑って

ランウェイで笑って(1) (週刊少年マガジンコミックス)
著者:猪ノ谷言葉
出版社:講談社
販売日:2017-09-15
  • Amazon

 

登場人物・藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。
しかし、彼女の身長は158㎝。モデルの平均身長には、遠く及びません。

千雪は周囲から「諦めろ」と言われ続けますが、どうしても夢を諦めることができず、努力を続けます。

そんななか、クラスの貧乏男子・都村育人の「ファッションデザイナー」の夢を知った千雪は「無理でしょ」と言ってしまいます。

 

漫画『ランウェイで笑って』は、自分の夢を他人から「無理」と言われても、頑として諦めず努力していく少年・少女たちの物語となっています。

 

 

 

第7位:トンガリ帽子のアトリエ

とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニングコミックス)
著者:白浜鴎
出版社:講談社
販売日:2017-01-23
  • Amazon

 

「魔法を使えないものは魔法使いにはなれないし、魔法をかける瞬間も見てはいけませんよ。」

 

主人公の少女は、魔法使いになる夢をとうに諦めていたはずでした。

しかしそんなある日、少女は魔法がかけられる瞬間を見てしまいます。諦めかけていたはずの夢が音を立てて、再び少女を駆り立てる…。

 

書店アンケートで全員が「面白い!」と解答!

この作品は、内容だけでなく工夫を凝らした世界観からも目が離せない一作です!

 

 

第8位:メイドインアビス

メイドインアビス(1) (バンブーコミックス)
著者:つくしあきひと
出版社:竹書房
販売日:2014-06-19
  • Amazon

 

その世界には、人類がまだ謎を解明できていない場所がありました。その名も秘境の大穴「アビス」。

アビスには奇奇怪怪な生物が生息し、人類の技術ではまだ作りえないような遺物が眠っています。

アビスの謎に人類は魅了され、幾度となく冒険者たちはアビスに挑んできました。

次第にそんな冒険者たちは『探窟家』と呼ばれるようになっていきます。

 

この物語は、偉大な探窟家であった母を目指す、主人公・リコの冒険です。

幻想的な世界観と、アビスの過酷さがリアルに描写されている、とても魅力的な一作!ぜひ読んでみてください!

 

 

第9位:映像研には手を出すな!

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)
著者:大童澄瞳
出版社:小学館
販売日:2017-01-27
  • Amazon

 

メディア系の仕事を目指す人なら、誰しも1回は読んでほしい一作です。

「月刊!スピリッツ」で連載が始まった時から「すごいマンガが始まった!!」と広まり、現在も話題沸騰中の漫画『映像研には手を出すな!』。

 

主人公は三人の女子高生。彼女たちが創意工夫を凝らす”表現”とは?

詳しくはコチラの記事をどうぞ↓熱く紹介されています!

 

 

 

第10位:映画大好きポンポさん

映画大好きポンポさん (MFC ジーンピクシブシリーズ)
著者:杉谷 庄吾【人間プラモ】
出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー
販売日:2017-08-26
  • Amazon

 

こちらもメディアを目指す人、特に映画業界を目指す人にはぜひ読んでもらいたい作品です。

 

凄腕の映画監督ポンポさんは日夜ハリウッドニャリウッドで映画製作に明け暮れていました。

そんなある日、アシスタントをしていた”映画の虫”・ジーンは「この脚本は君に撮ってもらうから」と監督のポンポさんに指名されます!

 

この作品では、映画を作る楽しさや大変さがリアルに描かれています!

先ほども言った通り、メディア業界に入ってクリエイターになりたい人には、ぜひおすすめしたい一作です!

 

 

第11位:約束のネバーランド

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:白井カイウ
出版社:集英社
販売日:2016-12-16
  • Amazon

 

読んだ人々から「早く続きが読みたい!」「読んでいてとてもハラハラする」と、圧倒的支持を集めている大人気作品!

 

みんな仲良く幸せな孤児院生活が一転!?

”やつら”に食われる前になんとか逃げ出せ!!

 

漫画『約束のネバーランド』は当メディア主催「マンガ新聞大賞2017」大賞受賞作でもあります。
面白さについては、100%保障します。ここでは敢えて多くを語りません。

 

気になった方は、今までに書かれた数々の記事をご覧ください!

読みたくなること間違いなしです!

 

 

 

第12位:ゴールデンゴールド

ゴールデンゴールド(1) (モーニングコミックス)
著者:堀尾省太
出版社:講談社
販売日:2016-06-23
  • Amazon

 

福の神伝説が残る島・寧島で暮らす中学2年生の少女、早坂琉花はあることで悩んでいました。

それは、琉花が想いを寄せる幼馴染が島外の高校へ行くと言うことです。

 

オタクである幼馴染は、この何もない島にアニメメイトができれば、きっと残ってくれるはず…!

琉花は、島にとどまって欲しいという拙い希望を、海辺で拾ったフクノカミに似た置物に託します。

 

しかし、この願いが原因で琉花の日常は一変!

フクノカミの力が作用して島中の人間がおかしなことに……?

 

 

以上、「マンガ大賞2018」受賞作品の第12位までをご紹介しました!

既に知っている作品は何作ありましたか?残りの作品も、ぜひ一度読んでみてくださいね。

 

画像をクリックすると公式ページに飛びます。

 

 

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る