TOP > マンガ新聞レビュー部 > 『週刊ヤングジャンプ』は“成人誌”では無かったはず...

今年、妖怪漫画の名作『ゲゲゲの鬼太郎』の

TVアニメの新シリーズが始まりましたね。

6度目のアニメ化は本当にスゴイと思います。

 

さて、今回はそんな

「妖怪」をテーマにした作品の中から

コチラを紹介したいと思います。

 

妖怪少女―モンスガ― 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
著者:ふなつかずき
出版社:集英社
販売日:2014-10-17
  • Amazon

 

この作品には<可愛い女の子>

いっぱい登場しますが、

その多くは人間ではなく「妖怪」です。

 

ただ、妖怪とは言うものの

人間の年頃の女の子と変わらぬ

愛嬌や恥じらいがあるので、

「怖さ<<<<<<可愛らしさ」です。

 

こんなキュートな妖怪になら

いつ襲われても大歓迎!

なんて思ってしまいます。

 

物語はエッチなラブコメがベースですが、

シリアスなドラマ展開あり

手に汗握るバトル展開あり

と、話のメリハリがあって

どんどん先が気になる構成です。

 

主人公は大切な妹を救う方法を見つけるため、

生まれ持った霊感と頑丈な体を使い

妖怪退治の仕事を手伝っていくのですが、

色々な出会いを通じながら次第に

妖怪を理解し仲良くなろうとしていきます。

 

……お前(スケベだけど)

カッコイイやつだなぁ!

なんて応援したくなります。

 

 

あっ! それと忘れてはいけない。

 

<お色気シーン>が尋常じゃないほど多い

のも、この作品の大きな魅力です。

 

特に、作者の“情熱”を

感じるのが「パンツ」。

 

パンツ自体の繊細な作画もさることながら、

線やトーンを駆使した「匠の技」によって

パンツ越しに女の子の存在感

すごいリアリティで伝わってくるのです。

 

なんということでしょう。

 

自分の目の前に

パンツ姿の美少女が現れた

(かのような感覚)

ではありませんか。

 

そう……これはまるで

「AR(拡張現実)ッ!!」

 

 

……まあ、ARはちょっと言い過ぎかもですが、

要はエロい”のです。

 

この作品は当時

『週刊ヤングジャンプ』で連載されていて

現在は完結。

コミックスは14巻まで発売されています。

 

『週刊ヤングジャンプ』は

“成人誌”では

無かったはずだけど

『妖怪少女-モンスガ-』の

“エロさ”はヤバイ!

 

と、読んでいるこっちが心配になるぐらい

サービス満点な作品です。

 

妖怪×美少女×パンツ=破壊力

 

この公式に興味がある方には

ぜひ読んでもらいたいです!

 

妖怪少女―モンスガ― 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
著者:ふなつかずき
出版社:集英社
販売日:2014-10-17
  • Amazon

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る