TOP > マンガ新聞レビュー部 > 小池田マヤセンセイの最新作『釣りとごはんと、恋は凪...

小池田マヤセンセイの最新作『釣りとごはんと、恋は凪』がめちゃくちゃ面白かったのでレビューせざるを得ない!

感動と興奮するとフデが進んで書きたくなる、伝えたくなる。。

この作品に出逢えて良かった。というのは僕達マンガ読みにとって最上の幸せの一つです。

 

そしてマンガ読みはそんな興奮や感動をいつも、誰かとシェアしたいと思っているのでレビューさせてもらいますね。

 

その作品がこちら

 

釣りとごはんと、恋は凪 (ぶんか社コミックス)
著者:小池田マヤ
出版社:ぶんか社
販売日:2018-03-14
  • Amazon

 

小池田マヤセンセイの最新作ですね。小池田マヤセンセイは、四コママンガ界隈では良く名前を知られた“天才”作家です。

少し話が逸れるけど僕はヒップホップと四コママンガは、特に過小評価されているお仕事のひとつだと思っていて、実は四コママンガ作家さんたちはめちゃくちゃ素晴らしい仕事をしていると思います。

コマ割りや四コマごとの起承転結、そして一回ごとの話数にきちんと納める能力やそこに詰める情報の量の多さは、流行りのフリースタイルラップに似ているし、実際これがめちゃくちゃ難しい。

 

小池田センセイの作品を目にしたときに一番驚かされるのが、カラーの色彩の美しさとそんな美しさの中に散りばめられるドギツイ内容のお話し。しかもそれがバランスよく共存しつつ、しっかりと作品としても成立している点が小池田マヤという作家の優れているところだと思う。

 

そして小池田センセイは二つの作家性を持っていて、今作では

 

名作中の名作『バーバーハーバー』

ー大阪を舞台にした理髪店マスター・馬場みなとと、東京在住のOL・鹿崎東子のゆっくりじっくり育まれる恋模様を描いたお仕事マンガ。

スマホはないけど携帯はある時代なのに二人がやり取りするのはFAX文通!ほんわかまったりとした作風に『えぇなぁ・・』と酔いしれて癒される一作です。

床屋さんあるあるや雑学もお勉強できます。

 

バーバーハーバー(1) (モーニングコミックス)
著者:小池田マヤ
出版社:講談社
販売日:2014-10-17
  • Amazon

 

や、隠れた名作でもある『うめぼし』

ーアメリカから『和』の心を学べと言い渡されてやってきた桜沢杏、見た目はなよなよしているけれど

中身は猛禽類系のヤリ〇ンボーイ。そんな彼と一緒に生活を送ることになった“ギャラリー桜沢”の面々。

タイトルにもある『うめぼし』やお漬物の数々を起点に展開していく和風コメディストーリー。

 

うめぼし (1)
著者:小池田 マヤ
出版社:CoMax
販売日:2017-06-21
  • Amazon

 

と言ったポップな部分が強めな作品です。

小池田先生は他にも、家政婦さんシリーズみたいな

 

放浪の家政婦さん (FEEL COMICS)
著者:小池田マヤ
出版社:祥伝社
販売日:2013-02-22
  • Amazon

 

ちょっと?キツめの作品なんかも描いておられます。男子はあんまり読まない方がいいかも的なやつね。

 

前置きが長くなりましたが話を戻して、本作のお話に戻りましょうか。

この物語の主人公『蒲山ユキ(愛称はカバちゃん)』は釣りを始めたばかりの初心者アングラー(=釣り人)。

ウデマエはマダマダ、エサを付けるのにもおっかなびっくりするような感じです。

お付き合いしている彼氏はいるもののカレとの間にはなんとなく凪の風……。

 

けれどそんな中で出逢った釣りという趣味にどっぷりハマるカバちゃん。

船酔いしたり、釣果はさっぱりだけど、いつも優しく釣りも教えてくれる名前も知らないお姉さんや

周りの人たちに助けてもらいながらもゆっくりと釣り人としての時間を積んでいくカバちゃん。

 

キスにカワハギ、アジにブリ、ノドグロやキンキに時には脱線してローストビーフなんかを時には一人で時には彼氏と美味しく二人でいただきます。

 

二人の間をすり抜ける凪の風は時には荒れることも有るけれど美味しいものを二人やみんなでシェアすれば

きっとなんとか上手くいく。みんなが美味しいものを食べて笑顔なのが一番幸せなコトなのだ。

 

『釣りの神様』なんてのがいるのかはわからないけれど、どうやらきっとそういうことらしい。

 

『釣り』というテーマは小池田センセイの“趣味”から生まれた題材できっとなにより

『魚釣りはこんなにおもしろい!』ということを読者に伝えたいのかもしれない。

 

面白いをいっぱいに詰めたこの作品は読むと癒されるし笑顔になれるそんな作品が面白くなくないわけがないのである。

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る