TOP > マンガ新聞レビュー部 > これは『黒子のバスケ』にあらず『ロボのゴルフ』だ!...

ROBOT×LASERBEAM 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:藤巻忠俊
出版社:集英社
販売日:2017-07-04
  • Amazon

 

ちょっと皆さんにお聞きしたいことがあります。

 

『ロボレーザービーム』と聞いたら、どんな漫画をイメージしますか?

 

普通だったら、そのままの意味で

「ロボットがレーザーを放つのかな?」

とか思いますよね? ね?

 

……でも、違うんですよ、この漫画。

 

なんと、題材が「ゴルフ」なんです。

 

 

本作は、累計3000万部を突破した、

あの『黒子のバスケ』の作者

藤巻忠俊先生の『週刊少年ジャンプ』の

<現行連載作品>です。

 

主人公は、何事に関しても無感動で無表情、

クラスメイトから「ロボ」と

アダ名をつけられている男子高校生。

 

ロボは友達からゴルフ部に誘われるのですが、

これがもう無頓着というか何というか

「僕にスポーツは向いてない」

「人に勝ちたいとか

 倒したいとかいう感覚がわからない」

とか言って、まったく興味を示しません。

 

 

え? これって『週刊少年ジャンプ』の漫画だよね?

 

<友情><努力><勝利>の

『週刊少年ジャンプ』のテーマはどこにいった?

 

なんて、違和感を抱えた状態で

お話が進んでいくのですが、

実はロボには隠れた特技がありました。

 

それは、

「小さい頃から暇つぶしでボールを打っていたら、

 完璧なストレート(レーザービーム)が打てるようになった」

というものです。

 

お? いいじゃない!

「必殺技」は少年漫画のロマン!

 

 

その後、ある出来事がきっかけで

ロボはゴルフ部に入りますが、

<知識><体力><経験>など

色んなものが足りずピンチの連続です。

 

いくらすごいボールが打てるからといっても

しょせんはゴルフ初心者。

 

世の中そんなに甘くない、って話です。

 

 

でも、そこからが熱い!

 

ゴルフに対して何の興味も無かったロボですが、

部活や他校との試合を通じて

ロボの体に眠っていた、ゴルファーとしての

<心>と<技>が目覚めていきます。

 

中でも、

ある重要な局面においてロボが見せた

 

「入れぇ!!」

 

の<叫び>に、

“この漫画の熱さ”が現れていました。

 

そう。ロボは熱いんです。

 

 

古今東西、少年漫画には色んな主人公がいて、

このロボも特殊な雰囲気を持っていますが

やはりその中には

『週刊少年ジャンプ』の<血>

脈々と流れているんだな、と思いました。

 

“『ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)』は

ゴルフ漫画の<金字塔>になれるか?”

 

私はその可能性を“大いに秘めている”と思います!

 

ROBOT×LASERBEAM 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:藤巻忠俊
出版社:集英社
販売日:2017-07-04
  • Amazon
ROBOT×LASERBEAM 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:藤巻忠俊
出版社:集英社
販売日:2017-10-04
  • Amazon
ROBOT×LASERBEAM 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:藤巻忠俊
出版社:集英社
販売日:2017-12-04
  • Amazon
ROBOT×LASERBEAM 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:藤巻忠俊
出版社:集英社
販売日:2018-03-02
  • Amazon

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る