TOP > おすすめニュース > バディもの欲張りセット「(公儀隠密+公安警察)×タ...

[AD]
 

江戸幕府の公儀隠密「神保兵衛」と警視庁公安のキャリア「桜田咲人」がバディを組む、異色のタイムリープ&バディもの『マゲとリボルバー』は、小学館の漫画無料試し読みサイト「イービッグコミック4(eBigComic4)」に連載されています。
 

脚本(原作)は『テツぼん』などの高橋遠州さん、映像(作画)は『タッチアップ』『しっぷうどとう』などの盛田賢司さん、原案・設定:A・ドワノさんというラインナップで描かれています。
 

今回は、おもしろ要素盛り沢山『マゲとリボルバー』の見どころや隠された謎について、マンガ新聞編集部がお届けします。
 

痛快娯楽時代活劇『マゲとリボルバー』とは?

作品のご紹介情報はこちら。

江戸時代の公儀隠密 神保兵衛 一方、警視庁公安 桜田咲人 江戸の町がそっくりそのまま時間を超えてやってきてしまった東京の治安をまもるため二人はバディを組まされた…
過去の人々と共存する異常な都市が生む犯罪、陰謀に桁外れの捜査官コンビが挑む。誰もみたことない時空ドラマがここに!


このありそうでなかった設定は、A・ドワノさんのもの。原作はビッグコミックオリジナルで長期連載中の『テツぼん』で、ちょっと抜けてそうでいて抑えるところをおさえる、ユニークな作風の高橋遠州さん、作画は剣道マンガでも屈指のカッコいいチャンバラ『しっぷうどとう』を描く盛田賢司さんということで、そのコンビネーションに期待が高まります。

 

 

『マゲとリボルバー』https://www.ebigcomic4.jp/title/387282

 

『マゲとリボルバー』登場人物紹介

神保兵衛(じんぼひょうえ) 
公儀隠密修羅組所属。20XX年、時すべり(タイムリープ)が起こり、江戸の一部が現代の東京に突如出現した。それから約10年を経て「中」(江戸の区画)から「外」(現代の東京)へ、老中の命を受けて問題を解決するために派遣される。文明が発展しながらも、政治的に成熟してない東京や世界に、武士の目線で反発を持っている。剣の腕は確かだが、自動車に乗るのが苦手。

 

桜田咲人(さくらださきと)
警視庁公安部外事二課、工作員として東アジアを担当する。職位は警視と、若くして高いことら恐らくキャリアと思われる。神保と一度バディを組んで以来「中」(タイムリープ後の江戸関連)事案の専門家と目されてしまう。かつては「ゼロ」と呼ばれる警察の秘密組織にいたが、最高責任者の野望に愛想をつかし、出世を捨てて組織を離れたところ、外事課にまわされ、後に神保と組むことになった。拳銃の早撃ちに自信を持っている。
  

蓼科冴子(たてしなさえこ) 
陸上自衛隊三等陸佐 一般大学から幹部自衛官の登竜門である指揮幕僚過程に一発合格し、首席で卒業。学生時代には桜田と同じ大学出身で、一時期は付き合っていたこともある。当時はねずみが苦手な女子だったが、自衛隊任官後はPKOで紛争地帯に派遣された後、複雑な境遇を経て新たな任務につき、桜田と再会した。

 

あやめ 
将軍御庭番の立場にありながら、現代社会に溶け込み、上様(将軍家)のためならば茶屋女(キャバクラ嬢)に身を落とそうとも、その任務をやり遂げる矜持を持っている。幼いころに、神保兵衛に剣術の修業をつけてもらったことがあるが、御庭番は公儀隠密の神保兵衛よりも身分が高いため「御家人風情が、、」などと幼いころから神保には強く当たっていた。それは、「外」で神保と再会した後も変わらなかった。
 

『マゲとリボルバー』見どころ 

20XX年、東京の中心地より少し東側が謎の光に包まれ、スカイツリーや東京東部の街が消え去りました。そこに忽然と現れたのは、日本人なら誰もが時代劇などで見覚えのある江戸の町並みでした。

 

 

東京に忽然と現れた江戸の街:© 高橋遠州・盛田賢司/小学館

 

物語はその十数年後から始まります。タイムリープしてきた江戸の街と現代の東京は、いつしかベルリンの壁よろしく堅牢なゲートで仕切られ、江戸の街を「中」その外側の東京を「外」と呼ぶようになっていました。中の民は実質的に難民と認定され、日本政府は災害復旧もそこそこに、ご先祖さまたちの生活を維持するために多くの特別予算を割くことに頭を悩ましています。
 

そのような日本の「隙」は、国内の不穏分子や東アジアの列国からも付け狙われるようになってきました。
 

そんな折、老中直々の密命を帯びて「外」に出てきたのが、公儀御庭番 神保兵衛です。そして、そのバディとなり、神保の「外」での任務を手助けするのが、警視庁公安部の桜田です。
 

大仕掛けな「中」と「外」出入りのシーン:© 高橋遠州・盛田賢司/小学館

 

神保と桜田の出会いのシーン:© 高橋遠州・盛田賢司/小学館

「中」と「外」の2人は、江戸と東京の軋轢、日本国内の反乱分子、その隙を突きたい諸外国、その諸外国に一矢報いたい日本政府の思惑、などなど、設定勝ちとも言える奇抜なこの世界の大きなうねりの中で、次々と起こる事件を解決していきます。現代文明の発展具合を少々鼻にかける桜田に対し、名誉を重んじ、使命の為には自分の命をも投げ出す武士の本分でことに当たる神保という2人は、いつしか時代を超えたバディとなっていきます。
 

というような粗筋で、まさに痛快娯楽大作となっている本作ですが、その魅力は作品紹介にもあるように、時代を超えたバディものという点があげられます。現代の警察、江戸の公儀隠密と、それぞれ定番の世界設定が見事に合わさり、バディを組むという設定は、ありそうでなかったものです。
 

また、現代ものでも時代ものでも、アクションシーンが魅力の盛田賢司さんの作画は、銃器や現代兵器から、刀や忍者道具まで、描きたいとコメントされていた好きなものをなんでも描けるこの設定に活き活きとしているように感じます。
 

神保と桜田というバディ2人が一緒に戦うと、こんなシーンになります。かっこいいです。

 

 

やくざVS桜田&神保:© 高橋遠州・盛田賢司/小学館


また、話が進み様々な権力が絡んでくると、戦闘シーンもだんだんすごいことになっていきます。

 

 

特殊部隊VS御庭番忍者モード:© 高橋遠州・盛田賢司/小学館


本作は、誰もがちょっと惹かれる、公安警察、公儀隠密という時代違いの2つの組織が、同じ画面に並べるられる設定を発明することにより、マンガならではの痛快娯楽時代活劇となっています。綺麗な絵柄でアクションを見たいという方にはぴったりな内容です。
 

展開が進み2巻では、桜田の相手役として自衛隊の特殊部隊でPKO帰りの蓼科冴子と、神保の相手役として御庭番のあやめという2人の美人キャラまで登場、それぞれがまたバディのように絡み、活劇がスケールアップしていきつつ、ついでにお色気もアップします。
 

『マゲとリボルバー』は、現在2巻までが電子コミックにて各電子書店で販売中です。掲載するeBigComic4では、第1話と最新話が試し読みできます。

 

 

マゲとリボルバー(1) (ビッグコミックス)
著者:盛田賢司
出版社:小学館
販売日:2017-11-30
  • Amazon
  • eBookJapan



『マゲとリボルバー』のご紹介はここまでですが、本稿はここでは終わりません。
 

ビッグコミックオリジナル編集長時代には、あの『深夜食堂』などを仕掛けた、eBigComic4の吉野編集長の仕掛けはこれだけではありませんでした。
 

ところで、江戸の街が現在に滑り、東京の街はどこに行ったの? 


冒頭の紹介で、東京のど真ん中に鎮座した江戸の街上空からのシーンがありましたが、もともとここにあった東京の街はどこに行ったのでしょうか?
 

驚くなかれ、同じeBigComic4上の、別の連載にほうに滑って行っているのです。

 

『空樹国物語』:https://www.ebigcomic4.jp/title/404005

こちらは、つかさよしさんの漫画で、よく見ると、原案・設定が、マゲリボと同じA・ドワノさんにクレジットされています。
 

【作者コメント】 
子供心に今あるこの世界がいつまで続くのか、やはり滅亡するしかないのか、と考えると果てしなく人類のやってきたことがむなしい事のように思えてしかたありませんでした。 
今 いい大人になってその問題に向かい合うことになりました。 
自分の中の大きな不安と恐れ、そしてかすかな希望をひきだしてみたいと思います。


そして、問題の画像がこちらです。

 

 

『空樹国物語』東京鳥観図:© つかさつよし/小学館

『マゲとリボルバー』では、深川や浅草(吉原)地区がタイムリープしたと描かれていて、スカイツリーも無くなったということなのですが、『空樹国物語』には、そのままにスカイツリーがタイムリープしていました。そして、場所は『マゲとリボルバー』と交換で、江戸時代に入れ替わったというわけでもなく、暗い、雷鳴とどろく謎の空間の狭間へ街が飛んだ設定です。そこに住む少年たちは、今日生きる糧を求めてさまよう暮らしをしていました。
 

作品だけではなく、同じサイト上でこの大仕掛け、まとめて読まねばもったいない面白い設定です。こちらは『マゲとリボルバー』より少し遅れて、現在9話(掲載時の状況に合わせます)まで掲載されております。どちらを先に読むかはお好み次第ですが、どちらか読んだらもう一方も読むことがおすすめですし、両方読んでこの大仕掛けを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コミックスは、鋭意準備中です!

 

『マゲとリボルバー』について、もっと知りたい方はこんな記事があるそうです!

『マゲとリボルバー』で、超身近なビジネスコミュニケーションの悩みを解決!?


ーーーーーー

太田垣康男さんの『機動戦士ガンダムサンダーボルト外伝』つのがいさんの『#こんなブラックジャックはイヤだ』インスタグラム漫画家あおきさんの『さよなら10代』など、ビッグコミックの名作から新作まで、試し読みはeBigComic4をご利用ください。

 

 

ebigcomic4公式

https://www.ebigcomic4.jp/index.html

 

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ほほー

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る