TOP > マンガ新聞レビュー部 > 校内SEX中の教室に足を踏み入れた教師はこう言った...

校内SEX中の教室に足を踏み入れた教師はこう言った『ここは今から倫理です。』

突然ですが、私はかつて某大学の哲学科を卒業しました。
何故「哲学科」なのかというと、付属高校からの繰り上がりの際、(点数的に)他の選択肢がなかったからです。
成り行き的に通いはじめた私に向学のモチベーションがあるわけもなく「哲学」関連の授業についても単位を取るためにおざなりに出席していた記憶しかありません。
当時の私にとって倫理や哲学は「とらえどころのない」学問だったように思います。


『ここは今から倫理です。』は高校の倫理授業を担当する高柳先生を主人公にした漫画です。

※こちらから1話試し読みできます

http://www.s-manga.net/book/978-4-08-890791-8.html

 

彼は授業を始める前にこんな挨拶をします。

――倫理は―― 学ばなくても将来 困る事はほぼない学問です。
地理や歴史の様に生活する上で触れる事は多くないし
数学の様な汎用性も
英語の様な実用性もありません

この授業で得た知識が役に立つ仕事は ほぼ無い
この知識が
よく役に立つ場面があるとすれば
死が近づいた時とか

 

……いや、引くよこの挨拶!!

 

作者が何を意図したかわからないけれど、主人公の高柳には不思議な存在感があります。
端正な顔立ちながら、死んだように覇気のない眼。
無表情、そして立ちポーズは奇妙に色っぽい。(腰が)

そんな彼が、様々な悩みを抱えた生徒たちと交流しながら「倫理」を通じて、それらを解決していくわけです。

 

一話では目的もなく男遊びに耽るヤンキー少女に教養への興味を与え
二話では他人を見下す少女と男に裏切られて絶望した少女に希望を
三話では教師に過度な理想を抱く少年に新たな視点を気づかせます

 

この漫画を読んだからといって哲学的な真理が見えてくるわけではありませんが、学生時代に通過してきた道徳や倫理といった「とりとめのない」学問を思い起こすきっかけにはなると思います。
何よりこの主人公がかもし出す不思議な魅力に触れて欲しい。

 

ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
著者:雨瀬シオリ
出版社:集英社
販売日:2017-11-22
  • Amazon

 

また、倫理の時間に会いましょう。

 

【関連リンク】

ジャンプSQ.は女性を性の道具としか見ていないのでしょうか?『有害指定同級生』

女子高生の心の闇 『世界は寒い』が開けてしまったパンドラの箱

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る