TOP > マンガ新聞レビュー部 > しげの秀一待望のレース物作品『MFゴースト』!主人...

『MFゴースト』はしげの秀一待望のレース物作品だ。大ヒットした『頭文字D』以来、みんな心待ちにしていたのではないだろうか。

そしてその期待を裏切らない素晴らしい設定でこれからの展開が楽しみで仕方がない。

 

MFゴースト(1) (ヤンマガKCスペシャル)
著者:しげの 秀一
出版社:講談社
販売日:2018-01-05
  • Amazon
  • Amazon

 

舞台は『頭文字D』から20年ほど経過し、EVの自動運転車が普及しガソリン車の運転などする人はほとんどいない世界。

しかし、富士山の噴火によってゴーストタウンになった箱根地区などで、高額商品の公道レースが行われているという神設定。

プロジェクトDが席巻したアンオフィシャルな公道レースが、なんと世界に動画アプリを通じて配信されているのである。

その黒幕があのプロジェクトDのリーダーだった高橋涼介であるのが、『頭文字D』ファンにとっては胸熱展開である。

 

そして『頭文字D』の主人公であった藤原拓海の愛弟子とされる、イギリス人ハーフのイケメンがどうやら今回の主人公らしい。

ヒロインの女子高生もしげの秀一先生のブレないどタイプの設定になっていて素晴らしい。『頭文字D』の愛すべきサブキャラ達も、これから続々と登場してきそうだ。なんだか懐かしい感じもしそうで楽しみである。

 

レースシーンには最新のドローンが全自動で制御されていたりと、時代の先端も取り込み、おそらく予定されているであろうCGハイブリッドのアニメ化も楽しみな感じである。早く続きが読みたい!

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る