TOP > ネットマンガラボ > ~とり・みき×ヤマザキマリ×佐渡島庸平トーク~漫画...

 

本イベントは、開催が終了しています。イベントのレポートは以下です。

 

--------------------------------------

本イベントは「ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロン」のイベントです。サロンメンバー以外の方でも、有償で一般参加が可能です。

あれは、消費される話題になるはずではなかった

「漫画家と編集者の関係」が、ネットで話題になることが「増えてきた」を通り越して、定番化してきたように見えます。

ある意味、消費される話題に近いところまで来てしまったこのお話を、5年前に、かの日経ビジネスで対談したお2人がいました。

 

あれから5年が経ち、『プリニウス』の合作連載中でもある、とり・みきさんとヤマザキマリさんとの中で、どんな言葉が練り込まれてきたのか?

クリエイターエージェント会社コルクの佐渡島庸平氏とで、語っていただきます。


参加者の方には、質問などを募集します。お申込み下さった方に、追加質問フォームをお送りします(ご参加任意)
 

プリニウス 1巻 (バンチコミックス)
著者:ヤマザキマリ(著),‎ とり・みき(著)
出版社:新潮社
販売日:2015-01-09
  • Amazon
  • Amazon

 

【イベント概要】

タイトル:~とり・みき×ヤマザキマリ×佐渡島庸平トーク~
     漫画家と編集者の関係2018:ネットマンガ実践研究会イベント

主催:株式会社マンガ新聞(メディドゥグループ)内「オンラインサロン:ネットマンガ実践研究会」

日時: 2018年2月26日(月)19:00〜20:30 (終了後交流会予定)

会場:株式会社メディアドゥ ホール
   東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F 
   (アクセス http://www.mediado.jp/about/about_access/)
登壇:
 漫画家 とり・みき 
 漫画家 ヤマザキマリ
 株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平 @sadycork
 進行 菊池健(マンガ新聞) @t_kikuchi

内容・時間:
 18:30 開場
 19:00 第1部 これまでの漫画家と編集者
 19:45 第2部 2018年の漫画家と編集者
 20:30 トーク終了 サロン交流会(簡単な茶菓をご用意させていただきます。) 
 21:30 交流会終了予定

こんな方にご参加いただきたいです:
 「ネットマンガ実践研究会」サロンメンバー、両先生のファン、出版関係者、漫画家、などなど

参加方法:
 「ネットマンガ実践研究会」サロンに入会し、イベントにお申し込みいただく。
   or
 以下のお申込みサイトよりお申込み(参加費用:4000円-税込)

 https://peatix.com/event/350091
 


サロンの詳細と入会方法:
 「ネットマンガ実践研究会」のご案内はこちら
 https://lounge.dmm.com/detail/448/

ネット放送(リアルタイム&ログで観覧可能):
 サロン会員のみ対象で、過去サロンイベントも合わせて視聴可能
 

これまでのイベント
http://www.manga-news.jp/news/body/1058

 

ーー登壇者プロフィールーー
とり・みき:
マンガ家。1958年2月23日熊本県生まれ。1979年「少年チャンピオン新人マンガ賞」応募作の『ぼくの宇宙人』が佳作第一席に入りデビュー。以後ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやシリアスなSF・ホラー物も手がける。1994年『DAI-HONYA』1998年『SF大将』で星雲賞、1995年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。主な作品に『クルクルくりん』『愛のさかあがり』『石神伝説』『冷食捜査官』等がある。マンガ以外に『とり・みきの映画吹替王』『街角のオジギビト』などの研究書も。劇場版アニメ『WXIII機動警察パトレイバー』では脚本も担当。

 


ヤマザキマリ:
1967年東京都出身。17歳で絵画の勉強のためイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で、油絵と美術史を専攻。‘97年漫画家デビュー。『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『国境のない生き方』(小学館)、『男性論』(文春新書)『スティーブ・ジョブズ』(講談社)『プリニウス』(とり・みきと共作 新潮社)など多数。エジプト、シリア、ポルトガル、米国を経て現在はイタリア在住。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成29年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章。

 



佐渡島庸平:
1979年生まれ。東京大学文学部を卒業後、2002年に講談社に入社。週刊モーニング編集部にて、『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。現在、漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)『ドラゴン桜2』(三田紀房)等の編集に携わっている。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築を目指している。


 

ーーーーーーーーーーーーー開催後追記

本イベントのショートレポートは以下です。


 

ーーーーーーーーーーーーー

ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロン 第2期募集開始のお知らせ!

ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロンは、第2期会員を募集します。


ネットマンガで、作品作りやプロモーションなど、新しい取組にチャレンジしたい方向けの一般コースの加え、新たに安価な「ネットマンガ家コース」(2000円/月:活動実績審査あり)を新設いたしました。既に数名の方に参加いただいております。

ネットで実際に活動されている漫画家さんを新たなメンバーに迎え、イベント・交流会・オンラインでの活動を強化してまいります。

詳しくは、リンク先まで。

ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロン
https://lounge.dmm.com/detail/448/

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る