TOP > マンガ新聞レビュー部 > アニメ制作現場の問題を語るなら必ず『アニメタ!』を...

はじめまして。株式会社TRIGGERという会社でアニメーションプロデューサーをしております、舛本和也と申します。
この度サイバーコネクトツーの松山さんにお誘いをいただきマンガ新聞レビュー部に参加させていただきました。宜しくお願い致します。

 

さて本日紹介させていただくのは講談社「月刊モーニングtwo」にて連載されている『アニメタ!』という作品です。

 

アニメタ!(1) (モーニングコミックス)
著者:花村ヤソ
出版社:講談社
販売日:2015-12-22
  • Amazon
  • Amazon

 

アニメの制作現場は、商業としてスタートした1966年のアトム放送以来50年以上かけて作られた村社会であり鎖国的な帝国である。
その制作システムはある意味、完成されているといっていい。
30分番組のTVアニメ1話分を作るのに200人から300人のスタッフがかかわっているにも関わらず、監督の作家性やフェチズムを量産できるのもその完成された制作システムがあるからこそである。

 

しかしながら完成された「村社会」、「鎖国的な帝国」であるからこそ、今大きな転換期をむかえている。いわば日本史における黒船が来航した明治維新の瞬間をむかえている感じだ。

求められる作品クオリティーにこたえようとするスタッフの疲弊、賃金問題、労働問題、仕事の価値観の変化、新人教育、人手不足、CG作品の台頭、ビジネスモデルの変化。
すべてにおいて「今まで孕んでいた問題が表面化」してきている。

 

これは素晴らしいことである。村社会であればあるほど内部の問題は内包され表面化しないことが多い。また比較される業界がないがゆえに外部から認識されることもなく興味を抱かれることも少ない。だからこそ今のアニメ制作現場問題が世間の興味を引いている今は、「これからのアニメ業界」を構築していくうえでとても素晴らしいことである。

 

しかしながら注意しなければならないポイントがある。それはこれからの未来を考え変えていこうとするなら必ず「現場の今」を正確に知ること。そしてそれを呑み込んだうえで否定し行動することである。
希望を持つのは簡単、問題点や不満をぶちまけるのも簡単。誰でもできる。でもそれだけでは何も変わらない。
「じゃあ、どうする?どう行動する?何をする?」
未来のあるべき姿を思い描いて今何をするかが重要であり、めんどくさくもあり、誰にでもできることではない。
だが何かを変えるために行動するには必ず「現場の今」を理解しない限り絵に描いた餅でしかない。

 

そんなアニメ制作現場の「今」を描いているのが『アニメタ!』という作品だ。
制作現場の実情やアニメ作りに対するスタッフたちの情熱を描いていていわゆる「スポコンマンガ」である。
しかし僕が感じてほしいのは登場するスタッフの仕事に対するイズムである。

 

アニメを作ることとはなにか?
「商品」ではなく「作品」を作ることとはなにか?
プロとはなにか?
視聴者に作品を届けるとはどういうことか?

 

そんなものづくりにとても重要で大切なイズムを人間ドラマを通して伝えてくれる。現代の社会からすると古臭くバカらしく感じられるかもしれない。
でもそこにアニメ現場の「今」がある。
簡単に言うとアニメに関わるスタッフたちが今何を考えて、何を感じて、矛盾とどう戦っているかが表現されているのだ。
もちろんこの作品の展開に素晴らしい未来があるかはわからない。
でも今アニメの現場に生きている僕たちを理解するには十分な作品だと思う。

 

この作品を読んでもらえれば「今」のアニメ現場が抱えている問題や矛盾を感じることができ、あるべき未来を考える参考になるだろう。

 

きれいごとだけではアニメ作品は完成しない。そこには大いなる苦労と問題と矛盾と純粋な情熱からくる冷酷な現実を抱えている。そんな美しくも儚く汚い世界を楽しんでほしい。
そしてこれからの現場の未来への行動へとつなげてほしい。
そんな思いでこの作品を紹介させていただきました。

 

個人的にはアニメ業界に生きる今のスタッフやこれからアニメ業界目指す新人にこそ読んでほしい。「今」をちゃんと呑み込んでこれからを考えてほしい。
そんな感じでこの作品をお勧めさせていただきます!

 

P.S.
個人的には動画検査の富士結衣子が大好きです!
あと「劇場版 カリソメ」が大ヒットしますように!
大ヒットこそが作品に関わるスタッフの幸せにつながることだから!

 

あと現在、TRIGGERではA1Picturesと共同で「ダーリン・イン・ザ・フランキス」というアニメ作品を制作しております。ぜひ観てください!絶賛放送中&配信中です!
詳しくは公式HPまで! darli-fra.jp/

 

---------------------------

 

『Animeta!』 is a must read for those who wish to discuss about the problems of the animation industry.

Hello everyone. My name is Kazuya Masumoto, and I am an animation producer at studio TRIGGER.

Today I would like to discuss about 『Animeta!』 A series currently published on Morning two by Kodansha.

 

The animation industry in Japan started with 『Astro boy』in 1966. The entire industry is based on a closely-knitted and isolated foundation. 
Creating 30 minutes of animation consists of 200 to 300 individuals working together. And yet, the episode does not fail to deliver the director’s creativity and fetishism to the viewers. One can say that the procedure to create Japanese animation is a perfected system to an extent.

 

However, because the industry relies on such small foundation, it is currently confronted with a big turning point. With the rising demands in quality the industry must cope with numerous issues such as the staff’s exhaustion, budget deficit, labor problem, and the lack of workforce. The shifting values of the industry has also made an effect to the business model of the industry as well. The multitude of problems simply surfaced as animation became more mainstream.

While the current condition may sound negative, it is in fact a great opportunity for our industry. Often times these problems aren’t even recognized in other industries. It may be due to the fact that the particular industry is perceived to be bland or uninteresting. Regardless of the fact, we are fortunate that the mass is concerned and interested in ours. This movement will definitely help establish the future of our animation industry.

 

In order to establish a better future, we must first acknowledge the current conditions of our industry. It’s easy to point out a problem. It’s also easy to be hopeful of the situation. Anyone can do that, and it simply does not remedy the situation in most cases. Then what can we do? What actions can we take? It’s not easy to have a clear vision and an agenda to execute that goal. Again, one must first understand the current industry and its problems to effectively take actions for improvements.

 

So, how can one learn about the industry? How do we inform ourselves?
I would like to introduce『Animeta!』a manga series that depicts the current working conditions of our industry in a very sports drama-like method. However, what I want my audience to understand is not plot nor the details of this series. It is the character's ideal and their passion expressed to their work is what should be recognized.

 

What does it mean to create an animation?
What differentiates the film from a merchandise to artwork?
What does it mean to be a professional?
What does it mean to deliver a finished film to the audience?

 

Through『Animeta!』the reader can indirectly experience our industry through the perspective of a production staff. By understanding not only the pain, but the joy of creating animation, I hope that the series will provide the recognition and understanding the industry requires. 
Animation cannot be created by ideals alone. At times, we will need to get our hands dirty as well. However, I strongly believe that the industry is unique of its kind and deserves our attention.

 

P.S.

I'm personally a fan of Yuiko Fuji!
And, I'm rooting for the success of『Karisome!』
A positive feedback definitely leads to the happiness of the creative staffs.

Also, TRIGGER is currently producing 『Darling in the Frankxx』with A1Pictures. 
It is currently available on both television and streaming so please do check it out!

Please do check out  darli-fra.jp/  for more information!

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る