TOP > マンガ新聞レビュー部 > 堀江貴文おすすめ!『約束のネバーランド』は、大人が...

久しぶりにジャンプの漫画を読んでみたが、『約束のネバーランド』は、大人が読んでも読み応えのある大作という印象である。

ジャンプも読者層が高齢化してきている、ということもあるのだろうか。勇気や友情方面ばっかりに偏らず、現実的な社会の非情さなどもふんだんに盛り込んであるから、大人が読んでも読み応えがある仕上がりになっているのだろう。

 

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:白井カイウ
出版社:集英社
販売日:2016-12-16
  • Amazon
  • Amazon

 

本作は、孤児院とされる施設-ハウス-が舞台。子供達は6-12才の間に少しずつ、外の世界に里親が見つかったとされて施設を出ることになるのだが、実は近未来に存在する鬼のための食人工場であったという衝撃的な設定だ。

食品としてのクオリティを保つために、出来るだけ健全な自然に近い状態で飼育されるなんて、まるで最近流行りの家畜の放し飼いやオーガニックな飼育への強烈な皮肉とも捉えることが出来るだろう。

 

優秀な子供達はママと呼ばれる飼育係との対決を決意し、快適な空間だった孤児院と言う名の飼育施設からの脱出を試みようとする。そうしないと殺されて食べられてしまうのだ。しかし、孤児院の外の情報はほとんどわからない状態で、チャレンジしようとする子供達の能力の高さが素晴らしい。これもいつまでも子供扱いしていまいがちな大人たちへの、強烈な皮肉なのではないか。

 

子供達のクレバーな冒険の物語はまだまだ続きそうだ。次巻が非常に楽しみになる漫画である。

 

約束のネバーランド 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:白井カイウ
出版社:集英社
販売日:2018-01-04
  • Amazon
  • Amazon

 

また、『約束のネバーランド』が大賞を授賞した「マンガ新聞大賞2017授賞式」が、2018年1月19日(金)19:00から開催!

 

BOOKLABTOKYO
渋谷「BOOK LAB TOKYO 」にて

申込はこちら→https://peatix.com/event/334787/

 

当日は、『約束のネバーランド』担当編集者がゲスト登壇!白井カイウ先生・出水ぽすか先生からいただいた、受賞コメントや色紙イラストも公表予定のため、足を運んでみてほしい。

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

行くしかない!

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る