TOP > ネットマンガラボ > 藤野英人・堀江貴文対談「マネーの動きで日本史を追う...

*:本イベントは、マンガ新聞社が運営するオンラインサロン「ネットマンガ実践研究会」のイベントです。会員が優先して参加できます。

 

経済の歴史物語を、ネットマンガで広めていく

「世界初の先物取引は、大阪堂島のコメ相場だった」
「100万都市江戸の胃袋を支えたのは、一人の商人による日本海航路開拓だった」
物語になりやすい政治や戦争の歴史の裏にある、商いやお金の歴史は、まだまだ物語・マンガとして広く展開されていません。


『商売の日本史』で、未来の経済を読み解く法則を説いた、レオスキャピタルワークスの藤野英人さんと、ネットマンガ実践研究会フェローの堀江貴文によるトークライブで、経済歴史マンガの基礎となる原案をお話ししてもらいます。ここで出てきた原案をもとに、ネットマンガ実践研究会参加のマンガ家がネットマンガを作り、他メンバーと一緒に広めつつ、ゆくゆくは出版を目指していきます。(版元は今後の展開次第)

 

ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義 (PHPビジネス新書)
著者:藤野英人
出版社:PHP研究所
販売日:2011-12-02
  • Amazon
  • Amazon

大岡越前はケインズだった、信長は天才アントレプレナー、瀬戸内海は「海の高速道路」など、アッと驚く歴史解釈が満載!
マネーの動きで日本史を読み解く画期的な書。

 

本企画は『インベスターZ』で、経済の歴史に切り込んだ、三田紀房さんもアドバイザーとして参画の見通しです。
--------
本イベントで語られた原案をもとに、サロン「ネットマンガ実践研究会」メンバーによる様々な展開を、イベント後に展開する予定です。ネットマンガ実践研究会の今後の展開はこちら。

http://www.manga-news.jp/news/body/1058
--------

イベント概要

■タイトル:藤野英人・堀江貴文対談「マネーの動きで日本史を追う」ネットマンガ原案企画会議

■主催:株式会社マンガ新聞社(マンガHONZ運営会社:メディドゥグループ)

■日時: 2017年1月20日(土)16:30~18:00 (終了後サロン交流会あり)

■場所:

株式会社メディアドゥ ホール
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F 
地図→ http://www.mediado.jp/about/about_access/ 

■登壇:

レオス・キャピタルワークス株式会社 藤野英人
マンガ新聞フェロー 堀江貴文
進行 寺田有希(ホリエモンチャンネル)

■内容・時間:

16:00 開場
16:30 第1部 藤野・堀江・寺田トーク 今振り返る『商売の日本史』(ネット放送あり:
17:15 第2部 藤野・堀江トーク 経済歴史マンガ原案会議(ネット放送なし)
18:00 トーク終了 サロン交流会(簡単な茶菓をご用意させていただきます。) 
19:00 交流会終了

■参加方法:

「ネットマンガ実践研究会」サロンに入会し、イベントにお申し込みいただく。
  or
以下のお申込みサイトよりお申込み(参加費用:一般4000円/漫画家2000円)

https://peatix.com/event/338814

 

漫画家枠は、今回のイベントレポマンガ(体裁自由、諸々応相談)や、今回出た原案のマンガをネットで発表してくださる方を対象としています。TwitterなどSNSで発表いただき、それを私どものサイトなどで紹介させていただきます。

■協力: 株式会社フライヤー / Flier Inc.

 

「ネットマンガ実践研究会」詳細と入会方法

「ネットマンガ実践研究会」のご案内はこちら
https://lounge.dmm.com/detail/448/
マンガ新聞内ネットマンガ実践研究会特設ページ
ネット放送:アーカイブをサロン会員のみ対象で公開

 

過去イベント情報

ホリエモンや佐渡島庸平が、話題のネットマンガ家、ベテラン漫画家、ネット起業家さんなどとトークしたイベント情報はこちらです。

ネットマンガ実践研究会とは?&過去イベント情報
http://www.manga-news.jp/news/body/1058

--告知--

---------

記事公開日:2018/1/10
文: マンガ新聞編集部 菊池 

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

マンガ新聞の記事史上、もっともNewsPickで話題になったイベントとなっております。 藤野英人・堀江貴文対談「マネーの動きで日本史を追う」ネットマンガ原案企画会議 (マンガ新聞)
行くぞい.

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る