TOP > エッセイ > 「北の国から」で男が憧れる自分でつくる家は、奥さん...

守村大といえば「考える犬」などの代表作がある漫画家だが突然所沢市の自宅から新幹線新白河駅のそばに移住し、DIY生活をはじめた。ログハウスすら自作である。その模様を「新白河原人」という漫画エッセイとして連載していたのだが、完全に漫画化したのがこの「まんが新白河原人ウーパ」である。

続きを読む
▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

物欲より縛られないって事に憧れる人が一定数いるって事だね。
面白そう

新着コメント

この作者すごいよね。いちどみにいきたい
この作品,とても面白いですよ.サウナまでつくってしまったり,読んでてワクワクします
『山賊ダイアリー』とか、この作品とか、堀江さんはアウトドア系マンガが好きですね。私は、小学生の頃、毎年白河にキャンプに行っていて、阿武隈川のダムのせき止めてるところの上を歩いて対岸にわたったりしてたので、なんとなく懐かしく感じながら読みました。
ホリエモンが読みました!

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る