TOP > 日本における「水滸伝」・・・究極の知財コンテンツだ...

日本における「水滸伝」・・・究極の知財コンテンツだった!=中国メディア -サーチナ

1254
日本における「水滸伝」・・・究極の知財コンテンツだった!=中国メディア 
2017年02月24日

かつて日本が積極的に中国から文化を吸収していた時代、数多くの文学の名作が日本に渡ってきた。「西遊記」や「三国志」と並んでその筆頭格に上げられるのが、梁山泊の豪傑108人が活躍する「水滸伝」だ。中国メディア・澎湃新聞は21日、日本における「水滸伝」の普及ぶりについて「スーパー知財権コンテンツ」と評する記事を掲載した。

続きを読む
▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

身分も戦争も金も法も、個人的にはキングダムで府に落ちた。 価値観も人それぞれだから、書籍、漫画、アニメ…萌えキャラ、イケメン…色んな方法で残し伝えていく形を取れれば良いのでは。

新着コメント

大学受験の頃、『お〜い、竜馬』で、あの時代の登場人物を勉強せずとも覚えた。

新規登録 ・ ログインして
すべての人気のコメントを見る

会員登録いただくと、他のユーザーのコメントを
評価したり、記事へ自分のコメントを投稿できます。
ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

ログインして《マンガ新聞》の
全ての機能を使う

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る