TOP > 日常生活に「不利」を感じる社会的弱者。彼らの心の叫...

好きなマンガ作品は数多くあっても、好きなマンガ家はそんなに多くない。作品のストーリーはもちろん、作品が醸し出す作家性に惚れ込み、その人の描く作品は無条件で購入してしまうようなマンガ家だ。僕にとっての藤田和日郎先生であったり、押見修造先生であったり、南勝久先生であったりする。 こんにちは。恥ずかしながら寝違えてしまい、かれこれ2週間ほど不自由な首と生きているマンガHONZレビュアーのころくです...

続きを読む
▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

青野春秋先生の作品はover30のバイブル。
家族ってなんなんですかね

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る