マンガ新聞レビュー部

  • 角野 信彦 / マンガ新聞 0Pt

    そんな経験がある女性が読んで、あまりの苦しさに「オエップ」となった漫画をご紹介したい。 ↑ この言葉で完全に持っていかれたw。セックスレスに関するマンガのすごくいいレビュー、読みたくなった。
  • 角野 信彦 / マンガ新聞 1Pt

    新田先生は「清楚でありながら恋多き女性」をとても魅力的に描く作家だと思う。矛盾してるんだけどそれが新田先生のマンガのなかではすごく納得感がある。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る