TOP > マンガ新聞レビュー部 > いつもと変わらない風景、だからこそ見つからない脱出...

いつもと変わらない風景、だからこそ見つからない脱出ルート。 ここは現実?ゲーム内?はたまた死後の世界?本格SFミステリー『百万畳ラビリンス』(全上・下巻)

毎朝起きて、同じ道を通って仕事に行って、仕事が終わったら帰って、寝て…。

そんな変わらない日常に大きな不満はないけれど、どこか物足りなさを感じる。

 

かといって仕事を辞めて世界旅行!なんてとんでもない。

ゲームをしたり、アニメを見たり、現実世界から少しだけ離れられればそれでOKなんですよね。

 

今日はそんな気持ちを満たしてくれた漫画『百万畳ラビリンス』を紹介します。

 

 

百万畳ラビリンス  上巻 (ヤングキングコミックス)
著者:たかみち 出版社:少年画報社 販売日:2015-08-10
 

 

『百万畳ラビリンス』あらすじ

 

人と関わるのが苦手な礼香は、ゲーム会社でバグ探しのアルバイトをしていた。

しかし、いつのまにかルームメイトの庸子と共に木造迷路に迷い込んでしまう。

 

扉を開けても開けても、畳の部屋がどこまでも続く不思議な空間。

生活感はあるのに、誰もいない。

そんな世界に彼女たちはどうやって迷い込んでしまったのか?というミステリーファンタジー。

 

 

©たかみち/少年画報社
 

ここは現実?ゲーム内?もしかして死後の世界!?

 

途中で無限階段が出てきたり、ようやく外に出たと思ったら樹海が広がっていたりと、

この不思議な空間にヒントもなければ助けも来ません。

 

もしかしたら脱出ルートなんてないかもしれない。

でも、ご飯もあるしテレビだってゲームだってお風呂だってあるし、なによりもう学校や仕事にも行かなくていい。

 

こんな世界に出くわしたらあなたは… 

 

庸子みたいに脱出ルートを探しますか?

それとも、礼香のように楽しみますか?

 

 

©たかみち/少年画報社
 

 

こんなわくわくする漫画は初めてでした!

みなさんも、読んでみたら一気読みすること間違いなし!!

 

読み進めていくと、まるでゲームのクエストを1つ1つクリアしていくようなテンポ感があります。

ストーリー展開は、若い世代の漫画好きやゲーム好きにはたまらない作品です。

 

 

百万畳ラビリンス  下巻 (ヤングキングコミックス)
著者:たかみち 出版社:少年画報社 販売日:2015-08-10
 

 

そしてこの漫画を読み終わったとき、すでにあなたは2回目が読みたくなっているはず!!