TOP > マンガ新聞レビュー部 > 少年ジャンプ+連載中の面白い漫画『地獄楽』は超大作...

少年ジャンプ+連載中の面白い漫画『地獄楽』は超大作の予感しかない!

2018年の賞を総ナメにするかもしれない最有力作!

ジャンプ+には幅広いジャンルの名作が揃っているが、その中でもユーザーに大絶賛され、軍を抜いた注目を集めている作品がある。

それがこの漫画『地獄楽』だ。

戦国時代や江戸時代といった侍とか忍が出てくるダークファンタジーものの名作だと『どろろ』『バジリスク』などがパッと思い浮かぶが、この『地獄楽』近い将来名前が上がってくると十分信じられるほど面白い。

『HUNTER×HUNTER』の暗黒大陸編を思わせるなんてコメントもよく見るが、世界観や設定だけで巨匠富樫先生の名前が上がるワケもなく、圧倒的な画力・構成力、めちゃくちゃ魅力的なキャラクターなどマンガとしての完成度の高さがあるからこその感想で、僕自身もそこに全く異論はない。

ちなみに『地獄楽』の作者の賀来ゆうじ先生は、以前ジャンプSQにて『FANTASMA』という作品を連載されていた連載経験者で、さらにあの『ファイアパンチ』のアシスタントもされていた方なので、これまで培ってこられた構成力や画力の集大成がまさにこの作品だ。

漫画『地獄楽』あらすじ…最凶の死刑囚たちが異形の島に挑む

徳川の時代。

子供の頃から殺人マシーンとして育てられ、最強の忍として名を馳せた画眉丸は、一切の血も涙もない「がらんどう」の暗殺者だと恐れられていたが、妻のあたたかい心に触れ、抜け忍になることを決意する。

©賀来ゆうじ/集英社
だが、それを育ての親であり妻の父でもある『石隠れの里』の長は許さず、仲間に裏切られた画眉丸は囚われの身となり、死罪人として死を待つだけの運命の筈だった。

そんな彼の前に現れたのが、死刑執行の達人一族『山田浅ェ門』の名を持つ佐切。

©賀来ゆうじ/集英社
彼女は画眉丸に告げる。

「一切の罪を無くし、妻の元に帰る方法がある」

いかなる罪も無罪放免にし、更には将軍の加護も約束される『公儀御免状』

それを手に入れるために出された条件が、極楽浄土と呼ばれる島へ行き、不老不死の仙薬『非時香実(トキジクノカグノミ)』を手に入れるというものだった。

ただ、この島にこれまで送り込まれた調査隊はすべて壊滅し、身体中から花を咲かせた死体だけが帰ってきたという。

©賀来ゆうじ/集英社
そこで、調査隊として『死んでも構わない者=死罪人』を送りこむことになったのだ。

それでも画眉丸は言う。

誰も殺さず、静かな土地で、愛する妻と人並みの暮らしを手に入れるために。

「必ず生きて帰る」

©賀来ゆうじ/集英社

魅力的すぎるキャラクターたち

もうストーリーだけでも相当熱い話だが、さらに主人公の画眉丸やヒロイン(?)の佐切だけでなく、一緒に島に送りこまれる死罪人たちや、彼らが逃げ出した時にその場で処刑するために同行する『山田浅ェ門』一門たちも皆個性的で、

さらに島に上陸した画眉丸たちを襲う異形の怪物どもも、醜悪さと狂気をひしひしと感じさせ、これからこの島で何が起きていくのかワクワクする気持ちが止まらない。

何度も言うが、この作品は時代に名を残す名作になる可能性を十分に秘めている。

まだ始まったばかりのこの物語が育っていく姿を、是非共に見届けよう!

地獄楽 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:賀来ゆうじ 出版社:集英社 販売日:2018-04-04
    • Amazon
  • Amazon
地獄楽 2 (ジャンプコミックス)
著者:賀来 ゆうじ 出版社:集英社 販売日:2018-06-04
    • Amazon
  • Amazon
地獄楽 3 (ジャンプコミックス)
著者:賀来 ゆうじ 出版社:集英社 販売日:2018-08-03
    • Amazon
  • Amazon
地獄楽 4 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:賀来 ゆうじ 出版社:集英社 販売日:2018-11-02