TOP > マンガ新聞レビュー部 > 本年を賑わした話題作『転生したらヤムチャだった件』...

本年を賑わした話題作『転生したらヤムチャだった件』を元に他ネタを考えてみた。

今日は恋人たちが街を行きかうクリスマスイヴ。

 

ブルマはこない。ぼっちのヤムチャ。

 

序盤で亀仙人と同じぐらいブルマと近い位置にいて、おいしい立ち位置だった彼は次第に悲惨なかませ犬キャラとしてめきめきと実績(失態)を積んでいく。

 

ジャッキー・チュンに敗れ、ミイラくんに敗れ、気絶中に天津飯に足の骨を折られ、となんともつらい。

 

仕上げはなんといっても栽培マン。

サイヤ人戦なのに、肝心のサイヤ人と闘う前に栽培マンにやられ絶命してしまう。

 

そのやられ姿があまりにも悲しく、人々の心を虜にしつづけている。

 

そんななか、今年、とにかくドラゴンボール好きを盛り上げてくれたのが『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』だ。

DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:鳥山明
出版社:集英社
販売日:2017-11-02
  • Amazon
  • Amazon

男子高生が階段から転落した瞬間に転生したのは、初期の頃のヤムチャ。

まだブルマと出会ったばかりでいっくらでもブルマと仲よくなるチャンスがある。

にもかかわらず、彼の脳裏に浮かぶのは栽培マンに無惨にもやられてしまうという未来の姿。

 

なんとかその惨めな死に方を避けようと、ブルマとのいちゃいちゃよりも修行に励むことを選んだヤムチャ。

 

なんともストイック。

 

そして、“あのヤムチャ”がぐんぐん強くなっておのれのポジションを作っていく。

 

たまらんですよ。このストーリー。

 

トム・クルーズ主演の「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のように既に知っているやられ方をなんとかかわしてずんずんと運命を変えていく様に、思わずこちらも「がんばれ、ヤムチャっ!」と拳に力が入ってしまう。

 

また、もう一人の転生者もキャラにまぎれこんでいるといった巧妙なふざけ方に、もうゾクゾクが止まらない。

 

「既存の有名マンガ」に「ラノベの転生もの」のノウハウを盛り込んだ最高の娯楽漫画に仕上がっている。

 

ぜひこの年末に読んでいただきたい。

 

このパターン、他にもいけるんじゃ、ってことで。

 

だいぶ浅い発想で2案だけあげてみたいと思う。

 

「それ同人でもうあるよ」という方はさらりと読み流していただきたい。

 

第1案:

AKIRA外伝 転生したら山形だった件

 

コミックでは第1巻で鉄雄に向っていき頭を割られ、映画版ではナレ死にで鉄雄にやられてしまった山形。

もし山形に転生したらどういったことが可能だろうか。

まず、鉄雄のかわりにバイク事故にあって超能力を得ることができる。

そして、金田たちとうまくやりながらその超能力を使うことだろう。

いや原作の山形の言い方にあわせると、「超納涼力」といった方が正しいだろうか。

 

第2案:

ジョジョの奇妙な冒険外伝 転生したらペッシだった件

 

マンモーニ(ママっ子)だったペッシが、プロシュート兄貴の言葉を胸にブチャラティ戦を生きのび、組織の中でめきめきと力を付けていくギャングストーリー。

いっそのことプロシュート兄貴と生きのびてギャングバディものとしての展開を見ることができたら至福だ。

「「ブッ殺した」なら使ってもいいッ!」

「「言葉」でなく「心」で理解できた!」

などしびれる言葉と哲学をもったこの二人を転生もので読んでみたい。

 

転生ヤムチャが引き起こしたムーブメントが他のどんな企画に影響を与えていくのか、と思うと楽しみでたまらない。