TOP > マンガ新聞レビュー部 > スパークするロックアクション『ロックマンメガミック...

スパークするロックアクション『ロックマンメガミックス』

みなさんは『ロックマン』では

どのボスが好きですか?

拙者、シャドーマンが大好き侍。

 

さて、先日の『ロックマン11』発売もあって

いま、『ロックマン』がアツいですよね。

 

昔からの『ロックマンプレイヤー』の方にも

最新作から入った方にもオススメできる

マンガがこちら!

 

新装版 ロックマンメガミックス 1
著者:ありがひとし
出版社:復刊ドットコム
販売日:2015-02-21

 

1・スパークするロックマン愛

 

この『ロックマンメガミックス』の

作者は有賀ヒトシ先生です。

有賀先生のロックマン愛は良く知られていますが

それを本作の端々から感じる事ができます。

 

そもそも本作は、主に『コミックボンボン増刊号』

掲載されていた作品をまとめたものです。

既にない雑誌であることからもわかるかもしれませんが

この頃、原作であるロックマンシリーズは

まだファミコンの時代

 

まだ原作自体の設定も多くなく、

各ボスの性格も明確にあるわけではありませんでした。

 

ところがこの本作では、

数十体いるボスキャラ全て

固有のキャラづけがされているのです……!

 

それも、ゲームでの性能や挙動を加味したうえでの

キャラづけであり、魅力的かつ

納得度の非常に高いものでした。

 

例えばクイックマン

『ロックマン2』で強いとかいうレベルを超え

開発者の良心を疑うくらい強かったこのキャラは

本作においても、決して格落ちしない

圧倒的な強者として描かれています。

 

性格設定や描写だけでなく、デザインにおいても

原作を活かして、よりキャラクター性を強めるような

素晴らしいアレンジが施されているのが特徴です。

スカルマンやファラオマンは必見。

 

2・スパークする伝説のエピソード

 

さて、そんなロックマン愛にあふれる本作ですが

季節ごとに出ていた増刊号での連載のため、

1個のまとまった読み切りのエピソード

複数収録されている形式となっています。

 

その読み切りのひとつひとつの完成度がまた最高なのです。

特に、以下のエピソードがファンの中でも

非常に評価が高いことで有名です。

 

一つ目の巨大ボス・イエローデビルに似た

謎のロボットがある目的のために暴れ回るエピソード

「メタルハート」。

 

『ロックマン4』のボスキャラにして

本来は他の平和利用の用途があったものを

戦闘のために流用した兄弟たる他のボスたちと違い、

ただ一人最初から戦闘用に作られたスカルマンを描く

「復活の死神」

 

 

突如、人類の排除を宣言するロックマンという

衝撃の展開から、独自の信念をつらぬくブルースと

ロックマンを止めるために立ち向かう

兄弟であるロボットたちを描く

『史上最強の敵』。

 

いずれ劣らぬ珠玉の読み切りであり、

私も特に『史上最強の敵』は

何度読んでも号泣してしまいます。

 

3・スパークする影の主役・Dr.ワイリー

 

本作の主役はもちろんロックマンですが、

そのライバルであるDr.ワイリーこそが

影の主役と言っても過言ではないでしょう。

 

原作ゲームの初期においては、

いかにもな悪の科学者といったワイリーですが

本作ではそのキャラクターが深く掘り下げられており、

それによって譲れない美学をもち、

主義一貫した強烈な悪役として描かれます。

 

そんなワイリーの圧倒的人間臭さ

同様にただの機械であるはずのロボットたちが

なぜあんなに個性豊かなのかに対する、

明確な答えと言えるでしょう。

 

本書を読み終わる頃には、きっとあなたも

ワイリーのファンになっているはず……!!

 

おわりに

 

さぁ、本作が気になってきたのでは……!?

実は「メガ」とついていることから

お気づきかもしれませんが

『ロックマンギガミックス』も存在します!

 

こちらは、メガミックスで熟成された

キャラクターや人間関係をもとに、

シリーズ最大の強敵と立ち向かう巨編となっており

手に汗握り、涙腺はガバガバになることうけあい!

 

そのほか、メガミックスの前身にあたる

エピソード群やギャグなどをまとめた、

『ロックマンマニアックス』もありますので

ぜひぜひ、お手に取ってみて下さいダス

 

新装版 ロックマンギガミックス 01
著者:ありがひとし
出版社:復刊ドットコム
販売日:2015-04-24